メニュー
ページ

ザ・ファースト・イヤーズのベビーカー

この記事は100台ベビーカーを押し比べた管理人パパがお届けしています。

ザ・ファースト・イヤーズのベビーカー

GWに突入していますね。

しかしながら、ここ東京は雨模様。ベビーカーを押すテンションも下がります。。

さて、今日は知る人ぞ知る!?B型ベビーカーが人気のメーカー紹介です。

The first years[ザ・ファースト・イヤーズ](アメリカ)
http://thefirstyears.com/about-us

ザ・ファースト・イヤーズは、50年以上の歴史を持つアメリカの育児用品ブランド。新生児からの最初の3年間に特に着目し、赤ちゃんにも育児に関わる人にも役に立つ様々な製品を生み出しているとか。使いやすく、シンプルでスタイリッシュなデザインのアイテムが豊富です。

調べてみれば、Amazonの『B型ベビーカーのベストセラー・ランキング』で12位に鎮座する(2014.4.30現在)など、国内のメーカーを押しのけての意外な人気。

特にJet Stroller(ジェット ストローラー)というモデルは耐荷重も22kgまでと、大きなお子さんも大丈夫な割に、本体重量も比較的軽め(約5kg)で、ある程度リクライニングもできる(110~140度)ところから巷の重いベビーカーにはもう飽きたママ・パパに支持されているとか。

個人的にも、このさっぱりとしたルックスはやや男性的で受け入れやすいです。

対抗馬はシルバークロスのフィズ(Fizz)だとか。

それで、デザインと収納カゴの使い勝手の良さから私ならジェットストローラーをオシたいところなんですが、日本には正規輸入販売代理店が無いみたいで、購入にはやや不安が残る印象を持ちました。

軽くて、ガツガツ使えそうな1万円台から探せるベビーカーとしては、普段あまり目にする機会がないものの、隠れた穴場的なメーカーだと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

東京ベビーカーとは、2012年7月にめでたく第一子(2015年11月に第二子、2020年9月に第三子)を授かった40代パパが息抜きでたまに本気出して書く、パパ目線でのモノ選びを中心に紹介するブログ。国内・海外のベビーカーを100台以上押し比べた実績が評価されて、晋遊舎から出版の『ベビー用品完全ガイド』にも以前出演させていただきました。
» 欲しいものリスト

評価の高い定番のベビーカー

■ A型両対面式で探すなら

¥69,300 (2021/10/22 14:48:15時点 楽天市場調べ-詳細)
↑ クリックで付与されるポイント数をチェック
《 楽天で最安値&高ショップ評価のお店 》

走行性良く、シート下カゴの収容力も抜群でハンドルの高さ可変で夫婦の身長差を気にしなくて良い総合力の高さが自慢
メリオのレビュー記事を読む

■ B型背面式で探すなら

¥25,300 (2021/10/22 14:56:28時点 楽天市場調べ-詳細)
↑ クリックで付与されるポイント数をチェック
《 楽天で最安値&高ショップ評価のお店 》

折りたたむとコンパクトで、展開しても平均身長・小柄ママにも丁度良いサイズ感。狭い玄関などでも場所を取らないので外出時に「今日ベビーカー持っていく?」と悩んだりせず我が家は車に積みっぱなしにしている。トラベルシステムにも対応
リベルのレビュー記事を読む

目次
閉じる