メニュー
ページ
 楽天ブラックフライデーにエントリー 

【速報】バガブー バタフライとベビーゼン YOYO2の価格改定情報

この記事は購入相談実績100件以上、100台以上のベビーカーを押し比べた管理人パパ(ベビーカージャーナリスト)がお届けしています。

2022年11月より、『バガブー バタフライ』と『ベビーゼン YOYO2』の価格が見直されます。
下記のとおり、バタフライは値上げ(約10%)。YOYO2は値下がり(約20%)となっています。

目次

バガブー バタフライの価格改定内容

現行価格(2022年10月まで)60,500円
新価格(2022年11月より)65,340円

ベビーゼン YOYO2 価格改定内容

現行価格(2022年10月まで)フレームのみ 58,300円
0+シートパック 27,500円
6+シートパック 11,000円

フレーム+シートパック(0+6+)
96,800円

フレーム+シートパック(6+)
69,300円
新価格(2022年11月より)フレームのみ 48,400円(▼ -17%)
0+シートパック 19,360円(▼ -30%)
6+シートパック 9,680円(▼ -12%)

フレーム+シートパック(0+6+)
77,400円(▼ -21%)

フレーム+シートパック(6+)
58,080円(▼ -17%)

管理人パパの深読み

バタフライの値上がりは円安の影響。
今回はバガブーのラインナップの中でも、バタフライのみの限定的な値上げになります。

一方、YOYO2の値下げはBABYZENブランドを買収したSTOKKEによる新モデル(リニューアル)発売が近い証拠だと思います。

2021年12月に報じられた衝撃の買収劇。
フランス発のベビーカーブランド『BABYZEN(ベビーゼン)』がノルウェー発 現在は韓国資本の『STOKKE(ストッケ)』により買収されていたのでした。

私の予想では今年にもYOYO3(仮称)の発表があるかと睨んでいたのですが、リニューアルを目指すにしても開発に一年を要したということなのでしょう。来年初旬ごろの発売があるのではないかと見ます。

RISU

では、今回の値下げの狙いは?

管理人パパ

リニューアルに向けて現行モデルの在庫圧縮と同時に価格競争で負けて市場を奪われていたバタフライへの対抗措置なんだろう。

ここに注目

メーカーからの価格改定の発表を受けて、いや受ける前から各販売店(小売)側がどのようなキャンペーンを仕掛けてくるかは注目。いつまでも現行価格を保とうとして、改定価格の適用が後手になっているようなテナントを「踏み絵」として見分けられる。

P.S. YOYOの時期モデルの予想は今後 noteのマガジンから取り上げる予定。その後こちらでも

東京ベビーカーDB

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

運営者情報

東京ベビーカーとは、2012年7月にめでたく第一子(2015年11月に第二子、2020年9月に第三子)を授かった40代パパが息抜きでたまに本気出して書く、パパ目線でのモノ選びを中心に紹介するブログ。国内・海外のベビーカーを100台以上押し比べた実績が評価されて、晋遊舎から出版の『ベビー用品完全ガイド』にも以前出演させていただきました。
» 誰に向けて書いているの?

目次