100台を押し比べたパパの総合ランキング »

【何が期待できる?】Joolz Hub+(ハブプラス)がリニューアルされて新発売(2021.01)

【何が期待できる?】Joolz Hub+(ハブプラス)がリニューアルされて新発売(2021.01)

4歳まで乗れる極太フレームベビーカー市場に咲く○○○

オランダ生まれのベビーカーブランド。
俺たちのJoolz(ジュールズ)が息を吹き返して帰ってきた。

エアバギーの製造・販売を手掛ける株式会社GMPインターナショナルが国内のブランディングを引き受けているのだろう。

ここ1年間、徐々に在庫を減らしており、

「日本撤退かな・・・」の雰囲気もあったなか、再登場である。

オランダ・アムステルダム発 サスティナブル・ベビーカーJOOLZ(ジュールズ)/ シンプル&直感的な使いやすさが向上した新モデル『Hub+(ハブプラス)』2021年1月発売
https://www.airbuggy.com/pressrelease/joolz_hubplus/

¥101,200 (2021/04/18 15:44:23時点 楽天市場調べ-詳細)
最安値店( ショップレビュー評価済み)

価格は安くない。

剛性の高そうなフレームで超合金感を全面に出したデザインは、バガブーが以前発売していた「Cameleon カメレオン」にも似た雰囲気と操作感。

リニューアルモデルはまだ試してきていないが、先代モデルを試し押した印象としては国内のベビーカーの操縦感とはやはり大分違っていた。

管理人のひとこと

より日本の生活シーンにあった「Bugaboo Bee」や「サイベックス イージーSシリーズ」「サイベックス メリオ」を選ばずに敢えてJoolzを選びたい人とは

それは、ズバリ

他人とかぶりたくない人。

でしょう。

少し癖のある操舵性能。

ビーやメリオを牛肉だとしたら、こちらはラム肉あたり・・・

それがカンガルー肉やエミュー肉だったら「ちょっと・・・」と思うかもしれないけれども、「ラムか~」だよ(笑)

ちなみに、うち夫婦の新婚旅行はオーストラリアだった。
ウルルでカンガルーもエミューもバーベキューのお肉ででてきたけれど、やっぱりビーフが一番だったな。。

何の話や。。

さて、そんなひとクセを楽しみたい人のための大人テイストベビーカー。
ということで締めたい。

JOOLZ公式ウェブサイト製品ページはこちらから。

正規販売代理店(GMPインターナショナル)販売は下記のリンクより

¥101,200 (2021/04/18 15:44:23時点 楽天市場調べ-詳細)
最安値店( ショップレビュー評価済み)
error: