2024年4月のタイプ別おすすめ 

Joieのベビーカー選びで「期待していいこと」「期待しすぎてはダメなこと」と「賢い組み合わせ方」

Joieのベビーカーに「期待していいこと」「期待しすぎてはダメなこと」と「賢い組み合わせ方」
目次

ここがダメだよJoie・・・
という話でもないけどね。

軽めに紹介します。

ベビーカーを100台以上押し較べてきて、Joie(ジョイー:イギリスのベビーカーブランド)のベビーカーはリーズナブルな価格ながら私の厳しい及第点を満たしています。

ただし、使い方によります。

Joieの四輪ベビーカー(エアスキップ/スマバギ4WD/ツーリスト)は、シートのリクライニング調整機能によって子どもの上体を起こしきることができない点に課題を抱えています。

つまり、「寝かせる」「深く腰掛ける」ことはできても、

前の景色を楽しむために上体を起こしたり、バンパーバーを掴んでいろんなものに興味を覚えていく走行には不向きということです。

ただし、1歳頃までならこれでも問題はないでしょう。
乳児期をすぎるまでなら1万円台で買えるA型ベビーカーとしてかなり優秀です。

期待していいこと

新生児から利用OKのリーズナブルなベビーカーでバランスの良いものを探している人には良いです。

押しやすさ
機能性
携帯性
デザイン
価格

期待しすぎてはダメなこと

国内ベビーカーメーカーのような「○○クッション」の類はありません。
最低限の寝かせる・押すに特化したものです。

また、リクライニング機能は130°/140°までしかないため、子が活発になると前を向けず嫌がる子も出てきます。そうなったら乗り換えサインです。

クッション性
リクライニング機能

賢い組み合わせ方

背面式で考えている人(2台3万円コース)
(対面の必要がない=シンプル)

新生児期・乳児期(1歳まで)は以下のどちらか

¥25,500 (2024/04/18 18:37:56時点 楽天市場調べ-詳細)

幼児期のセカンドベビーカー

¥2,530 (2024/04/19 05:23:50時点 楽天市場調べ-詳細)

両対面式で考えている人(2台4万円コース)

新生児期・乳児期(1歳まで)はこちら

Joie スマバギ シグネチャー

幼児期のセカンドベビーカー

¥2,530 (2024/04/19 05:23:50時点 楽天市場調べ-詳細)
管理人
管理人パパ

二台持ちを当初から念頭に入れて、総額で見る買い方はおすすめですが、はじめてのママ/パパは経験も無いし、そんなこと実感を持って買わないので、まわりの二人目お母さんとかママ友に聞けるのが一番良いですけどね。


オマケ:一台で乗り切るなら

今、これが恐ろしく安くなっているのでおすすめです。
ピジョンのビングルやアップリカのマジカルエアーを検討している人も対象になってきます。玄関が狭かったり、車移動やバス・電車利用の多い人にも◎

アップリカのベビーカーをこのブログでは基本「褒めていません」が、どういうわけかこの「ナノスマートプラス」だけは市場のニッチを上手に埋めてくれています。

管理人
管理人パパ

ナノスマートは2020年通してだいたい2万円前後(ポイント還元分含む)で売られてきました。ここに来て、ブラックフライデーセールでかなりの底値感満載です。

とりあえず、「どういうタイプの子(ベビーカー好きか嫌いか)か分からず」だから、予算軽めのものを買って様子を見ながら、もし合わなければ譲るかさっさと売ろう!という人にもいいでしょう。

これが分かるのは深く調べている人だろうけど・・・

管理人による旬の買い方紹介

2024年4月現在の旬な買い方はズバリこれかなと思います。

新生児に最適(最高だけど高額)
都会的な暮らしに最適
  • ミオス → リベル/オルフェオ(4月リニューアル)に乗り換えまたはコヤと二台持ち
  • メリオ → リベル/オルフェオに乗り換え
郊外型の車中心生活に最適
  • リベル+ベビーシートでトラベルシステム
軽さ重視&バス利用に最適
  • 国内メーカーのベビーカー → リベル/オルフェオに乗り換え
乗り換えたいが第二子への引き継ぎに最適
  • いまならバタフライ

※二台持ちとせず乗り換えを基本としているのは、途中で一台目を売却して二台目の予算にあてることがコストとしても玄関スペースとしても節約になるためです。

他にも有名ブランド・無名ブランド、国外のみ販売の世界的ブランドもあるけれどこれが基本です。

  • 14万円(ファースト)→売却して7万円回収して→7万円のB形を買うことも
  • 7万円(ファースト)→売却して4万円回収して→3万円のB形を買うことも
  • 7万円かけてB形をA形仕様にして1台で済ませることも

いろいろ方法はあるけれど、お金の余裕や投資に対する考え方・合理性、そして子どもと叶えたい理想の生活などみんなそれぞれ微妙に違うから、コレが正解!っていうのを本を読んだり限られた店舗をめぐって探しきるのは至難の技。

「高い買い物なのに何回も失敗したら数万円の損じゃ効かないかも??」で不安な人にはママ友コミュニティが一番かもしれないけれど、人付き合いが難しかったり、初子ならそもそも必要なタイミングでコミュニティに参加できていない場合も多いから大変なんよね。

私は私でできることをやっていきます。

基本はトータル7万円で卒業するのが理想

どれか一台だけと言われればコレ👇
¥74,250 (2024/04/18 20:58:00時点 楽天市場調べ-詳細)
2024年のベスト評価

管理人について

管理人パパのアバター 管理人パパ ベビーカージャーナリスト

東京ベビーカーとは、2012年7月にめでたく第一子(2015年11月に第二子、2020年9月に第三子)を授かった40代パパが息抜きでたまに本気出して書く、パパ目線でのモノ選びを中心に紹介するブログ。国内・海外のベビーカーを100台以上押し比べた実績が評価されて、晋遊舎から出版の『ベビー用品完全ガイド』をはじめメディア出演多数。
» 誰に向けて書いているのか?

目次