メニュー
ページ

サイベックスから電動アシスト付ベビーカー(e-PRIAM)が販売開始

この記事は100台ベビーカーを押し比べた管理人パパがお届けしています。

ドイツのベビー用品ブランド『CYBEX サイベックス』から同ブランド初となる電動アシスト機能付きベビーカーが表参道のフラッグシップストアから販売開始されました。

サイベックスのオンライン通販サイト(海外)を見ると、価格はシートが169ユーロ、ベースフレームが1,209ユーロですから、国内での販売価格は最低でも17万円は超えてくるのではないかと予想します。

また、重量はe-PRIAMの方がバッテリーが搭載されている分、既存モデル(PRIAM)よりも2.4キロほど重くなります。

既存のPRIAMをe-PRIAMにバージョンアップすることはできず、まったく別もの扱いとなるそうです。

参考:上記は下記公式ページの商品紹介を意訳しました
https://store.cybex-online.com/itm/pushchairs/stroller/cybex-platinum-stroller/priam/e-priam-frame-incl-lux-seat-hardpart.html

目次

スペック詳細

対象年齢新生児から4歳ごろ(17キロ)まで
トラベルシステム対応
折り畳み片手でOK
リクライニング片手でOK
両対面式対応
サイズ全長95cm / 横幅 60cm / 高さ 98~116cm
バッテリー充電時間3.5時間

e(電動アシスト)があると何が嬉しい⁉

  • ハンドルを推す力を検知して電動アシストが起動。坂道や悪路でもスイスイ
  • 下り坂ではハンドルを引っ張る力を検知し、逆アシストで加速を抑制

どこで買える?

こちらの商品はしばらくの間は『サイベックス 表参道店でのみの販売になるそうです。

数多く売ることよりも、電動化の先駆けのポジションを取れることは重要なのだと思います。さらに、このワンランク上の価格帯カテゴリーを設けられることでマーケティング上の打ち手も増えていきます。

感じる、電動化トレンドの波 2020年

以前も、ボッシュとスウェーデンのベビーカーメーカーによる共同開発プロジェクトの紹介など、電動アシスト付ベビーカーが今年のトレンドになると予測していました。

あわせて読みたい
2020年ベビーカー市場の潮流を読む!キーワードはデジタイズ・コネクション。ビッケのベビーカーとPanas... こんにちは100台パパです。 昨年の夏、こんな記事が話題になりました。 ボッシュ、ベビーカー向け電動ドライブシステムを開発。電動アシストや自動ブレーキ機能を実現ht...

電動化と聞くと、「便利そう!」「ぜひお願い!」といきそうですが、法律的には問題がありグレーゾーンだったのです。(こちらは早すぎたのです!)

それが、昨年12月1日の道路交通法改正により歩道をどうどうと通行できるようになりました!

今後は、

ベビーカーが「電動」になり進化していくのか

それとも、

家電が「ベビーカー」にもなり進化していくのか

この分野、目が離せません。

おそらく考え方としては、「ベビーカー」という車発想よりも「Pod(ポッド)」が相応しいようにイメージしています。

そのうち、こちらについてもご紹介できるタイミングが来ると思います。

通常モデルはこちら

まだまだ使い勝手の実際が見えづらいマーケット。
出先でのバッテリー切れが心配など、最新版に飛びつくのが心配な人は公認ショップでの直接購入か、通販ならグレイベアで一般モデルを選択するのが無難でしょう。

¥134,200 (2021/10/21 20:56:19時点 楽天市場調べ-詳細)
↑ クリックで付与されるポイント数をチェック
《 楽天で最安値&高ショップ評価のお店 》

サイベックスのベビーカー 賢い買い方

ここがポイント

  • 店舗での購入は公式サイトの『取扱店舗検索』にて住所を入力して最寄りのお店を探せばいい。2021年10月時点では直営店は表参道のフラッグシップストアのみである
  • 通販サイトは主に3タイプある。公式ストアAmazon内の公式ブランドストアおよび楽天市場の各小売販売店である
  • 公式ストアは定価販売。Amazonが最安値になるケースはプライムデーやブラックフライデー、サイバーマンデーといったごく限られた期間イベント的に値下がりする場合のみ。通常は楽天市場内の下記テナントが最安値を付けることが多い

下記はいずれもショップレビュー検査済み店舗です。

私がお得&安全と考えるショップ

※『NetBabyWorld(ネットベビー)』という販売店の運営元は楽天自身です(2016年の爽快ドラッグ買収によりグループ傘下に)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

東京ベビーカーとは、2012年7月にめでたく第一子(2015年11月に第二子、2020年9月に第三子)を授かった40代パパが息抜きでたまに本気出して書く、パパ目線でのモノ選びを中心に紹介するブログ。国内・海外のベビーカーを100台以上押し比べた実績が評価されて、晋遊舎から出版の『ベビー用品完全ガイド』にも以前出演させていただきました。
» 欲しいものリスト

評価の高い定番のベビーカー

■ A型両対面式で探すなら

¥69,300 (2021/10/22 14:48:15時点 楽天市場調べ-詳細)
↑ クリックで付与されるポイント数をチェック
《 楽天で最安値&高ショップ評価のお店 》

走行性良く、シート下カゴの収容力も抜群でハンドルの高さ可変で夫婦の身長差を気にしなくて良い総合力の高さが自慢
メリオのレビュー記事を読む

■ B型背面式で探すなら

¥25,300 (2021/10/22 14:56:28時点 楽天市場調べ-詳細)
↑ クリックで付与されるポイント数をチェック
《 楽天で最安値&高ショップ評価のお店 》

折りたたむとコンパクトで、展開しても平均身長・小柄ママにも丁度良いサイズ感。狭い玄関などでも場所を取らないので外出時に「今日ベビーカー持っていく?」と悩んだりせず我が家は車に積みっぱなしにしている。トラベルシステムにも対応
リベルのレビュー記事を読む

目次
閉じる