ベビーカーの色選び完全ガイドを公開

サイベックスから電動アシスト付ベビーカー(e-PRIAM)が販売開始

サイベックス e-PRIAM イープリアム

ドイツのベビー用品ブランド『CYBEX サイベックス』から同ブランド初となる電動アシスト機能付きベビーカーが表参道のフラッグシップストアから販売開始されました。

サイベックスのオンライン通販サイト(海外)を見ると、価格はシートが169ユーロ、ベースフレームが1,209ユーロですから、国内での販売価格は最低でも17万円は超えてくるのではないかと予想します。

また、重量はe-PRIAMの方がバッテリーが搭載されている分、既存モデル(PRIAM)よりも2.4キロほど重くなります。

既存のPRIAMをe-PRIAMにバージョンアップすることはできず、まったく別もの扱いとなるそうです。

参考:上記は下記公式ページの商品紹介を意訳しました
https://store.cybex-online.com/itm/pushchairs/stroller/cybex-platinum-stroller/priam/e-priam-frame-incl-lux-seat-hardpart.html

スペック詳細

対象年齢新生児から4歳ごろ(17キロ)まで
トラベルシステム対応
折り畳み片手でOK
リクライニング片手でOK
両対面式対応
サイズ全長95cm / 横幅 60cm / 高さ 98~116cm
バッテリー充電時間3.5時間

e(電動アシスト)があると何が嬉しい⁉

  • ハンドルを推す力を検知して電動アシストが起動。坂道や悪路でもスイスイ
  • 下り坂ではハンドルを引っ張る力を検知し、逆アシストで加速を抑制

どこで買える?

こちらの商品はしばらくの間は『サイベックス 表参道店でのみの販売になるそうです。

数多く売ることよりも、電動化の先駆けのポジションを取れることは重要なのだと思います。さらに、このワンランク上の価格帯カテゴリーを設けられることでマーケティング上の打ち手も増えていきます。

感じる、電動化トレンドの波 2020年

以前も、ボッシュとスウェーデンのベビーカーメーカーによる共同開発プロジェクトの紹介など、電動アシスト付ベビーカーが今年のトレンドになると予測していました。

emmaljunga 電動アシスト機能付きベビーカー
2020年ベビーカー市場の潮流を読む!キーワードはデジタイズ・コネクション。ビッケのベビーカーとPanasonicの電動アシスト付ベビーカーに期待

電動化と聞くと、「便利そう!」「ぜひお願い!」といきそうですが、法律的には問題がありグレーゾーンだったのです。(こちらは早すぎたのです!)

それが、昨年12月1日の道路交通法改正により歩道をどうどうと通行できるようになりました!

今後は、

ベビーカーが「電動」になり進化していくのか

それとも、

家電が「ベビーカー」にもなり進化していくのか

この分野、目が離せません。

おそらく考え方としては、「ベビーカー」という車発想よりも「Pod(ポッド)」が相応しいようにイメージしています。

そのうち、こちらについてもご紹介できるタイミングが来ると思います。

通常モデルはこちら

まだまだ使い勝手の実際が見えづらいマーケット。
出先でのバッテリー切れが心配など、最新版に飛びつくのが心配な人は公認ショップでの直接購入か、通販ならグレイベアで一般モデルを選択するのが無難でしょう。