メニュー
ページ

賢者の買い方。Amazonでベビーカーを最安値で買う方法

この記事は100台ベビーカーを押し比べた管理人パパがお届けしています。

今日は朝方の雨から打って変わって、日中の最高気温23度と12月とはまったく思えない陽気ですね。

さて、そんな今日、
Amazonでちょっとしたベビーカーが随分と安く売られているのを見つけました。

今日は、その偶然を偶然にしないテクニックを伝授します!(笑)

「Amazonでタイムセールとかやってるけど、いつ買ったらやすいのかよくわからないのよ。。」

そんな人は、是非Keepaというブラウザの機能拡張をインストールしてみてください。

Keepaを使って最安値チェック

「えっブラウザ?」

「えっと、機能拡張って何?」

という方は、ここで読むのをやめたほうがいいかもです。。

そのKeepaというのは、手っ取り早く言ってしまうと、

Amazonで閲覧中の商品の価格遷移を表示してくれて、

さらに、

価格が自分で設定した価格以下になれば自動でFacebookやメールに案内が届くように設定できる代物なんです。

設定は特に難しくもなく、インストールして、設定完了まで3分もあればできるでしょう。

全体的に、店舗で買うよりもAmazonから購入したほうが「届けてもらえる」し、「送料もかからない」と便利なのですが、どうせAmazonで買うなら「一番安く」買いたいですよね。

Amazonは購入時期によって価格にばらつきがあるサイトです。

これからベビーの誕生待ちで購入をひかえられている方は、時間にも余裕があるでしょうから、こういったツールを上手に活用するといいです。
ですが、このブラウザの機能拡張の信頼性とかは個人的に責任持てませんので、レビューなどを参考にご利用くださいね。

ちなみに、いまAmazonでエアバギー COCO BRAKEが37,800円になってました。。

Amazon 最安値で購入

ちゃんちゃん。

エアバギーのベビーカー 賢い買い方

ここがポイント

  • エアバギーの会社の利益率に貢献したい人はエアバギーの公式直営店で購入
  • エアバギーのサイト直営サービスとしてカラーオーダーサービスが2種類あり、旧モデル(新生児からは使えない)をカラーカスタムオーダーできる『BUILD(ビルド)』と、そして新モデル(新生児~)をベースにしたそれの『AIRBUGGY COLOURS』である。どちらも定価販売
  • エアバギーが最安値で買えるのは楽天市場の下記テナントになる
  • Amazonの公式ブランドストアには「異様に安くなっていてお得か!?」と思える商品もあるが型落ち商品が多い。対策としては「Amazon.co.jp での取り扱い開始日」することと出荷元・販売元が「Amazon.co.jp」になっていることを要確認
  • 最安値をポイント還元率も含めて考えると楽天市場内の公式直営店も含めた下記テナント間で比較して決めるといい

下記はいずれもショップレビュー検査済み店舗です。

私がお得&安全と考えるショップ

※『NetBabyWorld(ネットベビー)』という販売店の運営元は楽天自身です(2016年の爽快ドラッグ買収によりグループ傘下に)

注目の両対面式ベビーカー

¥69,300 (2021/10/18 14:46:38時点 楽天市場調べ-詳細)
↑ クリックで付与されるポイント数をチェック
《 楽天で最安値&高ショップ評価のお店 》
¥69,300 (2021/10/18 14:46:38時点 楽天市場調べ-詳細)
↑ クリックで付与されるポイント数をチェック
《 楽天で最安値&高ショップ評価のお店 》

走行性良く、シート下カゴの収容力も抜群でハンドルの高さ可変で夫婦の身長差を気にしなくて良い総合力の高さが自慢。
メリオのレビュー記事はこちら >>

注目のB型ベビーカー

¥25,300 (2021/10/18 14:52:13時点 楽天市場調べ-詳細)
↑ クリックで付与されるポイント数をチェック
《 楽天で最安値&高ショップ評価のお店 》
¥25,300 (2021/10/18 14:51:12時点 楽天市場調べ-詳細)
↑ クリックで付与されるポイント数をチェック
《 楽天で最安値&高ショップ評価のお店 》

折りたたむとコンパクトで、展開しても平均身長・小柄ママにも丁度良いサイズ感。走行性も良い方。狭い玄関などでも場所を取らないので外出時に「今日ベビーカー持っていく?」と悩んだりせず我が家は車に積みっぱなしにしている。
リベルのレビュー記事はこちら >>

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

東京ベビーカーとは、2012年7月にめでたく第一子(2015年11月に第二子、2020年9月に第三子)を授かった40代パパが息抜きでたまに本気出して書く、パパ目線でのモノ選びを中心に紹介するブログ。国内・海外のベビーカーを100台以上押し比べた実績が評価されて、晋遊舎から出版の『ベビー用品完全ガイド』にも以前出演させていただきました。
» 欲しいものリスト

目次
閉じる