2024年4月のタイプ別おすすめ 

【購入相談】身長150cmママが選びたい狭小玄関・電車移動重視で押しやすいベビーカーは?

《ベビーカーの選び方》身長150cmママが選びたい狭小玄関・電車移動重視で押しやすいベビーカーは?

こんな状況ならどのベビーカーを選ぶ?
ベビーカーの選び方相談室に寄せられたご利用者の声から紹介します。

目次

ご依頼者のプロフィール

ご依頼者
H様(ママ)

住まいの環境
・アパート一階(玄関まで3段ほどの階段あり)
・玄関は1坪ほどで広くありません

押す人
ママ(メイン)、パパ(サブ)

重視するポイント
①押し手の使いやすさ
→電車移動が多く、人通りが多い場所での使用が多そうなので小回りが効く、サイズ感など。
②子どもの乗り心地
③価格、デザイン

使い方の想定シーン
・近所の散歩やスーパー(徒歩)
・休日の買い物(電車)

外出時の主な交通手段
おもに徒歩

ベビーカー購入のご予算
特に考えていない

候補に考えている商品やタイプ、ブランド
・遅くても生後2、3ヶ月ぐらいからは使用したいと思っているので、それぐらいの月齢から使用できる型。
・自立ができるもの。
・価格はできたら7万円ぐらいまでに抑えたいです。
・国内、海外ブランドのこだわりがありませんが素敵だなと思うデザインはyoyoやバガブーのbeeなどスタイリッシュで高級感も感じられるデザイン。
→自分たちのライフスタイルに合うか分からなかったのと、予算が少しオーバーしているので購入を迷っています。
・できるだけコンパクトなサイズ感。

候補に考えていない商品やブランド
特になし

懸念材料
・私自身(母親)の身長が150センチなので高さが合うか気になります。
・玄関手前にある三段ほどの階段での持ち運び(玄関前に軒下がほぼないので、雨が降っている時でも子どもや荷物を下ろしたりする作業が比較的楽だと嬉しいです。)

コメント
・買い替えは基本的に検討しておりませんので長く使用できるものが希望です。
・その他、購入にあたっておすすめのオプションがあれば教えていただきたいです。(ハンドルカバーや安全バーなど)

ベビーカーを100台押し比べたパパ(43)の提案

H様

こんにちは。東京ベビーカーDB管理人パパ(43)です。

問診フォームにしっかりと書き込んでくださってありがとうございました。

早速ですが、提案させていただきます。

今回予算が7万円以下ということもあって、予算が高いものから順に3つ挙げさせていただきます。

1)バガブー ビー6(9万円)

2)シルバークロス Jet 2020(5万円)

3)アップリカ ナノスマートプラス(2.5万円)

あと、冗長になりますが補欠候補も念の為2つ挙げさせていただきます。

補欠1:Joie エアスキップ メッシュ ネイビー(1万円)

補欠2:マウンテンバギー Nano(5万円)

解説

おそらく、多くの女性が男性脳バリバリの論理的な回答を求めていないとは思うのですが、モノとしての価値を重視した私の捉え方では、大事にしたい一番はやっぱり「押しやすさ=バランス」なんですね。

そうなると、150cmママをメインに考えた場合の選ぶ基準はこうなります。

★ハンドル位置が身長にあっていること(腕が疲れない。99cm以下が最低条件)

★全長が長すぎないこと(90cm以内ならベビーカーの鼻先も見やすい<事故防止!>)

★畳んだ後の階段上り下りでも地面に擦らずに持ち運べる

ここをマストに検討して、それから、「デザイン」や「重さ」、「価格」をするという。

今回はあえて、「どれが一番良いです!」は言いたくないと思っていますが、挙げさせていただいた車種はどれも上記の条件にあうものです。

検討すべきポイントについてまとめさせていただきます。

●バガブー ビーは優れたベビーカー。「価格」高いのは仕方ないとして、「重さ(9kg)」は軽くない
→エアバギーをどこかで片手で持ち上げてもらって、「重すぎる・・・」と感じられたらやめておきましょう。
その分、たくさん荷物は掛けられて重いリュックから開放されるというメリットもあります。

●シルバークロス Jet 2020は今年改良が加えられたモデルですが試せる場所がなくHさんに合うか不安・・・
→いま、2,000円で一週間貸し出しサービスをやっています。購入前に是非公式サイトからお試しください。
デザイン性はバガブー、YOYOに引けをとりません。
https://www.silvercrossbaby.jp/products/detail/15

※YOYOのハンドルの高さもわかります。YOYOは男でも結構高いと感じます。

●アップリカのナノスマートプラスは現実的な選択肢。無難に落ち着くなら。
→最近安くなってきています。レインカバーは別売りで購入が必要。22,000円あたりで買いましょう。

あわせて読みたい
- YouTube YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

●Joie エアスキップ メッシュは今なら1万円程度で買えるのが魅力です。私はこの程度でも全然素敵だと思っています。
→折りたたんでも高さは残るので、階段移動時に片手で持つのは辛い点があります。なので補欠でした。

●マウンテンバギー Nanoはハンドル高さ98cmのコンパクトベビーカーとして候補にあげました。
→ただし、価格差ほど「ナノスマートプラス」との違いはありません。

個人的な感想

★ 重さを我慢できるなら機能に満足してもらえると思うのは「バガブー ビー(6がもうすぐ出る<10/1予約受付開始 10/31発売>)」

★ 現実的な選択肢は「ナノスマートプラス」か「シルバークロス Jet 2020」。
  ナノスマートは無難。シルバークロスは全長がナノスマートよりも6cm長く、子どもが小さいうちはウィリーしやすそう。
  新生児から使えるものの6ヶ月頃から利用が吉。

★ 階段での持ち運びをできるだけ避けるなら「エアスキップ メッシュ」も良し。

ということでまとめさせていただきます。

ちなみに、

①押しやすさ
バガブー ビー > ナノスマートプラス = エアスキップ >= シルバークロス Jet = マウンテンバギー Nano

②子どもの乗り心地
バガブー ビー > ナノスマートプラス = エアスキップ >= シルバークロス Jet = マウンテンバギー Nano

③価格(コスパ)
エアスキップ >= ナノスマートプラス > シルバークロス Jet = バガブー ビー > マウンテンバギー Nano  

になります。

おすすめの行動

現在の状況については予測になりますが、まだご出産前か、生まれてすぐのご状況でしたら、
シルバークロス Jetをお試しレンタルしながら、お近くのアカチャンホンポに事前連絡して「ナノスマートプラス」を試し押しにでかけてみる。

その上で、やっぱりバガブービーが気になられるようでしたら、「旦那さんが一眼レフを買おう※とされていたら、そのお金を”夫婦の愉しい移動”に回す」よう説得し、バガブー ビー6予約開始後(10/1)のビー5の値動きを見ながら、「今こそ」という時に決断を先延ばしにすることをおすすめします。

※スマホの買い替えを1回先延ばしにするとか、子どもができたらうっかり買っちゃう一眼レフをスマホで代替するとかで捻出。または携帯を格安SIMに変更など・・・
ビーは価格こそ高いですが、重心バランスも良く、安っぽさは微塵もありません。私は国民のベビーカーにすべきだと提唱していますが、強きの価格はどうも・・・
ビーをみんなが少しでも安く買える手段があればと、私も探している毎日です。

※ビー6を購入して、キレイに使って、3年後にメルカリなどで売ってしまう(3万円程度では売れる見込み高い。出口戦略・・・)のもありです。高くても剛性高ければ価値は持ちます。2人目にも使えます。
※YOYOは可愛くて、機能的なベビーカーですが、ハンドル高109cmは身長150cmのママさんには高すぎるためおすすめできません。

ご提案は以上になります。

ベビーカーの購入をもう数ヶ月待てる余裕があるのでしたら、ビー6が発売されるこのタイミングにおいては2~3ヶ月待ってから判断するでも遅くないというのは率直な感想です。

参考になりましたら幸いです。^^

この度はご利用、誠にありがとうございました。
無事の出産・購入を終えられて、決まったベビーカーやその感想をまたどこかでいただけましたら嬉しく思います。

ご提案の中で紹介したベビーカー

¥109,450 (2024/04/15 18:47:08時点 楽天市場調べ-詳細)
¥54,780 (2024/04/15 14:58:24時点 楽天市場調べ-詳細)
ナノスマート プラス(1台)【アップリカ(Aprica)】[A型ベビーカー バギー]
Joie(ジョイー)
¥24,800 (2024/04/15 23:16:18時点 Amazon調べ-詳細)
¥58,300 (2024/04/15 21:59:59時点 楽天市場調べ-詳細)
¥62,150 (2024/04/15 22:02:46時点 楽天市場調べ-詳細)

管理人による旬の買い方紹介

2024年4月現在の旬な買い方はズバリこれかなと思います。

新生児に最適(最高だけど高額)
都会的な暮らしに最適
  • ミオス → リベル/オルフェオ(4月リニューアル)に乗り換えまたはコヤと二台持ち
  • メリオ → リベル/オルフェオに乗り換え
郊外型の車中心生活に最適
  • リベル+ベビーシートでトラベルシステム
軽さ重視&バス利用に最適
  • 国内メーカーのベビーカー → リベル/オルフェオに乗り換え
乗り換えたいが第二子への引き継ぎに最適
  • いまならバタフライ

※二台持ちとせず乗り換えを基本としているのは、途中で一台目を売却して二台目の予算にあてることがコストとしても玄関スペースとしても節約になるためです。

他にも有名ブランド・無名ブランド、国外のみ販売の世界的ブランドもあるけれどこれが基本です。

  • 14万円(ファースト)→売却して7万円回収して→7万円のB形を買うことも
  • 7万円(ファースト)→売却して4万円回収して→3万円のB形を買うことも
  • 7万円かけてB形をA形仕様にして1台で済ませることも

いろいろ方法はあるけれど、お金の余裕や投資に対する考え方・合理性、そして子どもと叶えたい理想の生活などみんなそれぞれ微妙に違うから、コレが正解!っていうのを本を読んだり限られた店舗をめぐって探しきるのは至難の技。

「高い買い物なのに何回も失敗したら数万円の損じゃ効かないかも??」で不安な人にはママ友コミュニティが一番かもしれないけれど、人付き合いが難しかったり、初子ならそもそも必要なタイミングでコミュニティに参加できていない場合も多いから大変なんよね。

私は私でできることをやっていきます。

基本はトータル7万円で卒業するのが理想

どれか一台だけと言われればコレ👇
¥74,250 (2024/04/15 20:57:13時点 楽天市場調べ-詳細)
2024年のベスト評価

管理人について

管理人パパのアバター 管理人パパ ベビーカージャーナリスト

東京ベビーカーとは、2012年7月にめでたく第一子(2015年11月に第二子、2020年9月に第三子)を授かった40代パパが息抜きでたまに本気出して書く、パパ目線でのモノ選びを中心に紹介するブログ。国内・海外のベビーカーを100台以上押し比べた実績が評価されて、晋遊舎から出版の『ベビー用品完全ガイド』をはじめメディア出演多数。
» 誰に向けて書いているのか?

目次