三輪ベビーカーランキングを更新

《背の高い人向け》ハンドル位置の高いベビーカーランキング

《このページは10分で読めます。》

背の高い人向けのハンドル位置が高いベビーカーのベスト10を考察する。

まず最初に、これがとても大変な調査だったことを言っておきたい。。

まずはじめに、

ハンドル位置の高いベビーカーを出すメーカー側にもきちんと狙いがあってのことだろうから、それが何を意図してかを理解しようと考えた。

そこにはそれを販売する国・市場の都合と戦略があるはずだ。

「ハンドル位置が高い方が売れる。」そう見込まれて開発されているモデルがあるとするならば、それをしっかりと捉えていかないといけない。

よって、消費者目線で考えた場合の、ハンドル位置の高いベビーカーを買うポイントは、

  1. 女性の平均身長が高い国のブランドベビーカーを買う
  2. パパターゲットの戦略的なモデルを買う
  3. パパとママの身長の高低差を意識したハンドルアジャスター機能付き(例:2段階・無段階調整)のモデルを買う

1はこちらの情報を元に考えると「オランダ」「ノルウェー」「ドイツ」のメーカーあたりが良いだろうか。

2はあまり聞かないが押し手のメインビジュアルが「ママではなく、パパに 設定されている商品が参考になるかもしれない。

3は構造的にハンドル部のきしみにつながるので個人的には好みではないが、カップルで身長の高低差がある場合に都合良く快適そうだ。

では次に、

ハンドル位置が「高い」とは、何センチから?

そもそも「高い」がどのぐらいからなのかをはっきりさせる必要があると考えた。だが、当たり前ながらその結論は『身長による』で間違いない。

では、「高い」「低い」ではなく、身長が高い人にとってのベストなハンドル位置ということを考えるとどうだろうか?

それには一つの答えがある。

そのベストとは、ベビーカーを押す人が最も楽に押せる位置と考えよう。
すると計算のヒントを「身体重心」に求めることができる。

カラダの身体重心はおよそ「へその位置」にあり、それは足底から55%の位置(例:158cmの女性だと86.9cmの高さ)がそれにあたる。

このとき、正確に求める際には靴底の厚みも考慮に入れたい(例えば3cm)。

すると計算方法はこうなる↓

理想のハンドル高さの計算方法

(あなたの身長(   )cm + 靴底の厚み(  )cm ) × 0.55 =

例えば、30代の日本人女性の平均身長の場合

身長(158)cm + 靴底(3)cm = 161cm

161cm × 0.55 =

88.55cm

例えば、私(管理人)の場合

身長(181)cm + 靴底(3)cm = 184cm

184cm × 0.55 =

101.2cm

です。

嘘だと思うなら、ぜひ試してみてください。


ちなみに、我が家ではどうだったかというと、

私=身長181cmの中肉中前パパ。腕は長め。バスケ経験者。
ちなみに、奥さんは168cmで、女性の中では背が高い方。

そんな私たちが使っていたベビーカー2台のハンドル高は、

1台目:エアバギー COCO ブレーキモデル ⇒ 98cm(情報源

2台目:J is for Jeep スポーツリミテッド(カーキ) ⇒ 95.5cm(情報源

それぞれの最適なベビーカーのハンドル高さの理論値は、「101cm(私)」「94cm(妻)」ということで、買った二台は偶然にも二人のどちらかが押しやすいと感じるものになっていました。

確かに、私が押す場合は「エアバギーはラクラク♪、Jeepはちょっと低いな・・・」と感じていました。

では、ハンドル高が100cmオーバーのベビーカーについてはどうでしょうか?

下記にランキング形式で紹介していますが、私の身長(181cm)でもハンドル高さが105cmを超えているとずいぶんと高く、押しづらさを感じます。

考えても見てください。

犬の散歩をイメージしたとき、

「 そのリードをヘソの位置まで上げて歩きますか? 」

それ、力は入るでしょうけど、ずっとその高さで持ち続けているの疲れないですか?

最近やっと気づいたのですが、

ベビーカーって実は「押す」ものではないんですよ?

どちらかというと力の入れ方としては、

下に圧し滑らせているという、「わずかながら斜めに圧力をかけて滑らせている」ものではないでしょうか。

すると、ハンドルがヘソよりも上の位置にあると、「斜め下にかけたい圧力」が上手く伝わらず、「押す(=水平移動)」動作になり結構疲れます。

だから、何が言いたいのかというと、

ヘソ位置より上にハンドルがあるベビーカーは、結構疲れると思うよ!

ということです。

理想はおヘソよりも少し下ぐらい。
最近のベビーカーはハイシートブームのあおりを受けて、どんどんハンドル高さまで上がってきている印象ですが、ここは永く使うものですから要注意です。

それではランキングに移ります。

Stokke社のスクート2

56,000円
ノルウェー
[ハンドル高] 95cm・100cm・105cmの三段階
[横幅] 55cm
[対象] 1ヶ月~15kg
[重量] 12.8 kg
https://www.blossom39.com/babycar/stokke/stok1814.html

Recaro社のEasylife(イージーライフ)

27,000円
ドイツ
[ハンドル高] 105cm
[横幅] 48cm
[対象] 6ヶ月 ~ 15kg
[重量] 6.1 kg
https://www.toysrus.co.jp/f/CSfRecaro_easylife.jsp

nuna社のtavo caviar(タボ キャビア)

55,000円
オランダ
[ハンドル高] 99cm・101.5cm・103.5cm・106cmで調整可能
[横幅] 55cm
[対象] 新生児~体重20kg(身長114cmまで)
[重量] 11 kg
https://www.katoji-onlineshop.com/c/category/babycar/41863

nuna社のTRIV(トリヴ)

88,000円
オランダ
[ハンドル高] 109cm(ハンドル三段階調整でさらに延伸)
[横幅] 52cm
[対象] 新生児〜体重22kg(または4歳まで)
[重量] 9.75 kg
https://www.katoji.co.jp/new-products-detail_59.html

JOOLZ社のHUB(ハブ)

92,000円
オランダ
[ハンドル高] 96.5~106cm
[横幅] 53cm
[対象] 0ヶ月 ~ 3歳頃
[重量] 11.5 kg
https://www.airbuggy.com/pressrelease/20181003/

UPPAbaby社のCRUZ(クルーズ)

63,428円
アメリカ
[ハンドル高] 102~115cm
[横幅] 57cm
[対象] 1ヶ月 ~ 23kg
[重量] 12.2 kg
https://uppababy.com/cruz/overview/

以上、参考までにでした。

ちびっこママがベビーカー選びで気を付けたい5つのポイントとおすすめランキング