メニュー
ページ

代官山アドレス・ディセ編 エアバギーを見てきた

この記事は100台ベビーカーを押し比べた管理人パパがお届けしています。

代官山アドレスのエアバギー店舗画像

さて今日は、前回のblossom39に続いて代官山アドレス・ディセのブラ歩きレポートになります。

今回は、AirBuggy | エアバギー DAIKANYAMA(代官山店)。

あの泣く子も黙るエアバギー様です。

重い!

でかい!

たためない!

けど、、

操作性は超イイ~~~

と世のママさんたちを虜にしては悩ませる憎いバギー。

ずっと気になっていたので、偶然見つけたとはいえ店舗を見れて良かったです。

清潔感のある落ち着いた店内には、エアバギーのフルラインナップはもちろんのこと、オランダから上陸したベビーカー「Quinny ZAPP | クイニーザップ」などが揃えられていました。

一見、「エアバギーってアメリカかどこかのブランド?」と勘違いするのですが、れっきとした日本のメーカーで、しかし生産国は中国となっています。

よく海外のブランドと誤解されるのは、販売会の株式会社GMPインターナショナルの原点として、そもそも米国発バギーメーカーのベビージョガー社製品の日本総代理店を担っていたことも影響してだと思われます。

よく巷のブログでは『日本製』と銘打たれていますが、工場は中国にあります。
その歴史はこちらに詳しいです。

その中の、徹底したクオリティコントロール!!
に期待していたのですが、この先我が家では製品をめぐってちょっとしたハプニングがありました。

まっこれはメーカーを責めても仕方ないのですが。
その詳細はまたどこかで。

ちなみにエアバギーの生みの親は女性経営者としても有名。
飯田社長のストーリーはこちらから。

代官山のベビーカー探し道中記は次回に続く。


目次

AIRBUGGY直営店 おすすめのモデル

エアバギーのベビーカー 賢い買い方

ここがポイント

  • エアバギーの会社の利益率に貢献したい人はエアバギーの公式直営店で購入
  • エアバギーのサイト直営サービスとしてカラーオーダーサービスが2種類あり、旧モデル(新生児からは使えない)をカラーカスタムオーダーできる『BUILD(ビルド)』と、そして新モデル(新生児~)をベースにしたそれの『AIRBUGGY COLOURS』である。どちらも定価販売
  • エアバギーが最安値で買えるのは楽天市場の下記テナントになる
  • Amazonの公式ブランドストアには「異様に安くなっていてお得か!?」と思える商品もあるが型落ち商品が多い。対策としては「Amazon.co.jp での取り扱い開始日」することと出荷元・販売元が「Amazon.co.jp」になっていることを要確認
  • 最安値をポイント還元率も含めて考えると楽天市場内の公式直営店も含めた下記テナント間で比較して決めるといい

下記はいずれもショップレビュー検査済み店舗です。

私がお得&安全と考えるショップ

※『NetBabyWorld(ネットベビー)』という販売店の運営元は楽天自身です(2016年の爽快ドラッグ買収によりグループ傘下に)

楽天スーパーセールの買い方

2021年最後の楽天スーパーセールが開催中(12月4日(金)20:00〜12月11日(土)01:59)。
管理人パパが選んだ「今が安い!&価格相応の価値あるベビーカー」を記事にまとめました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

東京ベビーカーとは、2012年7月にめでたく第一子(2015年11月に第二子、2020年9月に第三子)を授かった40代パパが息抜きでたまに本気出して書く、パパ目線でのモノ選びを中心に紹介するブログ。国内・海外のベビーカーを100台以上押し比べた実績が評価されて、晋遊舎から出版の『ベビー用品完全ガイド』にも以前出演させていただきました。
» 欲しいものリスト

評価の高い定番のベビーカー

■ A型両対面式で探すなら

¥55,440 (2021/12/08 15:15:31時点 楽天市場調べ-詳細)
《 厳選 》↑ 最安値 or 高ショップ評価のお店

走行性良く、シート下カゴの収容力も抜群でハンドルの高さ可変で夫婦の身長差を気にしなくて良い総合力の高さが自慢
メリオのレビュー記事を読む

■ B型背面式で探すなら

¥25,300 (2021/12/08 15:17:16時点 楽天市場調べ-詳細)
《 厳選 》↑ 最安値 or 高ショップ評価のお店

折りたたむとコンパクトで、展開しても平均身長・小柄ママにも丁度良いサイズ感。狭い玄関などでも場所を取らないので外出時に「今日ベビーカー持っていく?」と悩んだりせず我が家は車に積みっぱなしにしている。トラベルシステムにも対応
リベルのレビュー記事を読む

目次
閉じる