2024年4月のタイプ別おすすめ 

【2023】ここ3年のサイベックスの動きから予想できること。メリオの上手な買い方

出社前の慌ただしい朝。
画像を用意する余裕もなく、書きなぐっただけのメモがこちらです。

つい先月にもサイベックスよりメリオ アルミフレームの価格改定(セール)があり、そして今月12月下旬にはメリオ カーボンも約1万円ほど価格を下げて発売されています。

このサインは「来年早々にリニューアルモデルが発売されるよ。」を意味します。

で、メリオを狙う多くの方はこう思うはずです。

「これに飛びついていいの!?」

そこに対する私の答えは、

「エエよ。」です。

どうも国内におけるサイベックスのラインナップの中でもメリオやリベルといった比較的買いやすいゴールドラインに相当するモデルたちの発売周期は1年に設定されているみたいで、これは同じく1年周期で「ほとんど代わり映えのしないリニューアルモデルを発売する国内メーカーのベビーカー」にあわせた戦略なのでしょう。

毎年ワクワクさせてくれるのはいいのですが、1年で大きく変わっていたら開発が大変。
つまり今回もマイナーチェンジ(カラー変更など)にとどまるのではないかと予想します。

このセール在庫ですが、来年の2月頃に発売されるであろうリニューアルモデルにあわせて続々と在庫が減っていくはず。
去年の動きを例にあげると確か1月中旬には在庫ロス。

つまり価格改定のあったメリオはもう買えなくなり、一時的にメリオが市場からまったく消えた記憶があります。
そして、2月に新発売(まずはアルミモデルから)。
その後にカーボンモデルが発売という仕組みです。

目次

メリオをいま買っても正解の人、残念な人

今買って正解な人は、

いま必要な人です。

つまりすぐに使いたい人ですね。

生後3ヶ月~ならなお良いでしょう。

そして今買うのが不正解の人、リニューアルを待ったほうがいい人は

新しいもの好きで最先端志向の人で
且つ来年前半に出産を控えている人

実はメリオの中古市場では、この価格改定をいかしたお得な売り方が存在します。

価格改定後の安く買えたメリオを、それが枯れた時期(来年の6月頃)にそこそこの値付けで売る。
それは今から使い始めて半年経った頃に売却してしまうプランになりますが、来年9、10月まで対面式が楽しい時期をたっぷり味わったら価格が落ち始める前に良い値で売ってしまえばいいでしょう。

売価自体が下がって買えたのに、売値はそこまで落とさずに売ることが可能です。

6万円でカーボンモデルを手に入れたなら、その頃3万円で売って、2万5千円が手元に残ればそれでその頃リベルに乗り換えれば持ち出しは結局6万円でA型もB型も手に入れられたことになります。

今回は以上!

¥28,600 (2024/04/18 19:05:39時点 楽天市場調べ-詳細)
ダッドウェイ限定カラー発売

浅い内容ですまぬ。
でも判断材料の一つとして、こんな事実をそっと覚えておくと役に立つかも。

この記事で紹介されたいた価格改定後のメリオ

¥73,700 (2024/04/18 21:26:30時点 楽天市場調べ-詳細)
価格改定でお得
¥73,700 (2024/04/18 11:12:24時点 楽天市場調べ-詳細)
価格改定でお得

管理人による旬の買い方紹介

2024年4月現在の旬な買い方はズバリこれかなと思います。

新生児に最適(最高だけど高額)
都会的な暮らしに最適
  • ミオス → リベル/オルフェオ(4月リニューアル)に乗り換えまたはコヤと二台持ち
  • メリオ → リベル/オルフェオに乗り換え
郊外型の車中心生活に最適
  • リベル+ベビーシートでトラベルシステム
軽さ重視&バス利用に最適
  • 国内メーカーのベビーカー → リベル/オルフェオに乗り換え
乗り換えたいが第二子への引き継ぎに最適
  • いまならバタフライ

※二台持ちとせず乗り換えを基本としているのは、途中で一台目を売却して二台目の予算にあてることがコストとしても玄関スペースとしても節約になるためです。

他にも有名ブランド・無名ブランド、国外のみ販売の世界的ブランドもあるけれどこれが基本です。

  • 14万円(ファースト)→売却して7万円回収して→7万円のB形を買うことも
  • 7万円(ファースト)→売却して4万円回収して→3万円のB形を買うことも
  • 7万円かけてB形をA形仕様にして1台で済ませることも

いろいろ方法はあるけれど、お金の余裕や投資に対する考え方・合理性、そして子どもと叶えたい理想の生活などみんなそれぞれ微妙に違うから、コレが正解!っていうのを本を読んだり限られた店舗をめぐって探しきるのは至難の技。

「高い買い物なのに何回も失敗したら数万円の損じゃ効かないかも??」で不安な人にはママ友コミュニティが一番かもしれないけれど、人付き合いが難しかったり、初子ならそもそも必要なタイミングでコミュニティに参加できていない場合も多いから大変なんよね。

私は私でできることをやっていきます。

基本はトータル7万円で卒業するのが理想

どれか一台だけと言われればコレ👇
¥74,250 (2024/04/18 20:58:00時点 楽天市場調べ-詳細)
2024年のベスト評価

管理人について

管理人パパのアバター 管理人パパ ベビーカージャーナリスト

東京ベビーカーとは、2012年7月にめでたく第一子(2015年11月に第二子、2020年9月に第三子)を授かった40代パパが息抜きでたまに本気出して書く、パパ目線でのモノ選びを中心に紹介するブログ。国内・海外のベビーカーを100台以上押し比べた実績が評価されて、晋遊舎から出版の『ベビー用品完全ガイド』をはじめメディア出演多数。
» 誰に向けて書いているのか?

目次