MENU

バガブーから高級ベビーカー『Bugaboo FOX3』が新発売!現行モデル『FOX2』との違いは?

この記事は100台ベビーカーを押し比べた管理人パパがお届けしています。

オランダ発の高性能ベビーカーメーカー『Bugaboo バガブー』から、最上位モデル FOX2が機能アップグレードされて『Bugaboo FOX3』となり、リニューアル発売されます。

リリース予定日は2021年8月25日。
正式発売日は2021年10月6日。(予約販売開始されています。)

目次

Bugaboo FOX3の特徴(FOX2との違い)

英語です。下記に要約します。
  • 大径タイヤのインチ数は変わらずサスペンション性能の向上
  • シート&キャノピーのカラーバリエーションが7色展開に
  • シート&コットの通気性向上
  • シート&コットのクッション性向上
  • シート&キャノピーの生地ファブリックの質感向上
  • シートベルトのハーネス装着性の向上
  • シートベルトの片手部分の快適性向上
  • フレームのカラーバリエーションは2色と現行FOX2と同じだがアルミ(シルバー)カラーがグラファイトカラーに変更
  • 総重量が12.2kgとなり現行FOX2(9.9kg)から2.3kg重くなった

以上が大きなポイントになります。

管理人
管理人パパ

一番のポイントは重量の大幅増。シャーシ本体自体に大きな改良や重量の変更は無いもののタイヤ・サスペンション部分等で大きな改良があったように見えました。持ち運びは「より重く」感じるようになるはずですが、逆に悪路での走行性は増し、「押し心地はより軽くなる」のではないかと予想します。

ということは、誰をターゲットにしているのよ?これ??

  • 玄関が大きいか、駐車しておけるガレージがある
  • 玄関から接道までのアプローチが長かったり、石畳など段差が多い
  • 電車・バスでの移動は想定されない(=セレブ的な)
  • 車での移動の際は基本的にパートナーが手伝ってくれる前提か、アスリート系家族(体格が良い)
  • おしゃれとかセレブ抜きでただ単純に自宅周辺が悪路だらけ(田舎・ポツンと一軒家・森の別荘・雪国)

予約販売開始されています

現行のFOX2よりも新発売のFOX3の方が定価が安く発売されているという逆転現象が・・・
本国・海外では早速1,000ドル(約11万円)を下回るサイトも出てきている中ですが、国内ではなかなか値下がりのペースアップは期待できません。

このクラスが買える人は、先行で最高の利便性を手に入れて長く楽しむのが吉ですね。

MEMO

ちなみに見た目はFOX2もFOX3もそっくりの印象です。「あっ、FOX3だ!」とベビーカーにこだわる人にも分かるポイントを取り入れたい人は、今回新登場したグラファイトカラー(フレーム)を選択すると良さそう。

現行モデル

関連記事

旧モデル(現行モデル)の『FOX2』のレビュー記事(こんな人におすすめ)はこちらから。

あわせて読みたい
バガブー FOX2の口コミ(メリット・デメリット) 【海外セレブ愛用のBugaboo Foxがリニューアル。有閑マダムを想定した(自由が丘・尾山台)地元のお散歩用として◎】 2020年4月1日にいよいよ『FOX2』が新発売に至りまし...
あわせて読みたい
【FOX2登場】bugabooの高級ベビーカー『FOX』がリニューアルして2020年4月1日発売 – 「子どもを大... 別に、ツイッターでつぶやくだけでも良かったけれど、念の為これからStokkeのXploryやCYBEXのPRIAMを買おうか検討中の人がいるならラクジャリーベビーカーカテゴリーで...


バガブーのベビーカー 賢い買い方

【ここがポイント】
  • Amazonでも徐々に取り扱いモデルが増えているが並行輸入品と正規品の見極めが難しめ
  • 楽天市場にバガブー公式オンラインストアが2020年8月にオープン!公式店だけあって安心だが、最安値の点では他店に席を譲るケースもある。ただし、旧モデル商品など他店では在庫を持たないものも見つけられるのが特徴
  • 公式店以外の正規販売店の中ではポイント還元率(最安値となる確率の高さ)とショップレビューの高さから楽天テナント「ナチュラルリビング ママ*ベビー」一択

下記はいずれもショップレビュー検査済み店舗です。

私がお得&安全と考えるショップ

注目の両対面式ベビーカー

走行性良く、シート下カゴの収容力も抜群でハンドルの高さ可変で夫婦の身長差を気にしなくて良い総合力の高さが自慢。
メリオのレビュー記事はこちら >>

注目のB型ベビーカー

折りたたむとコンパクトで、展開しても平均身長・小柄ママにも丁度良いサイズ感。走行性も良い方。狭い玄関などでも場所を取らないので外出時に「今日ベビーカー持っていく?」と悩んだりせず我が家は車に積みっぱなしにしている。
リベルのレビュー記事はこちら >>

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

東京ベビーカーとは、2012年7月にめでたく第一子(2015年11月に第二子、2020年9月に第三子)を授かった40代パパが息抜きでたまに本気出して書く、パパ目線でのモノ選びを中心に紹介するブログ。国内・海外のベビーカーを100台以上押し比べた実績が評価されて、晋遊舎から出版の『ベビー用品完全ガイド』にも以前出演させていただきました。
» 欲しいものリスト

目次
閉じる