メニュー
ページ

トランプ元大統領の娘イヴァンカ婦人も使っていたベビーカー『doona ドゥーナ』に新色(カーキ)が登場

この記事は100台ベビーカーを押し比べた管理人パパがお届けしています。

ベビーカーとチャイルドシート(ベビーシート)が二台一役になった自動車愛好家のためのベビーカー?がイスラエル発のベビー&キッズモビリティのブランド『doona』。

2021年今春。
新色(カーキ)が発売されるそうです。

発売日は5月10日。

全国のdoona商品協力販売店で予約受付中とのことです。

¥60,500 (2021/10/22 17:03:39時点 楽天市場調べ-詳細)
↑ クリックで付与されるポイント数をチェック
《 楽天で最安値&高ショップ評価のお店 》
¥71,500 (2021/10/21 22:48:29時点 楽天市場調べ-詳細)
↑ クリックで付与されるポイント数をチェック
《 楽天で最安値&高ショップ評価のお店 》
目次

管理人の使用済み感想

我が家では生後一ヶ月から使い始めて現在7か月。大変便利だと感じている。(ちなみにサブはリベルだ。)
ただ、ISOFIXベースの購入も含めて約1年間(1歳と少しぐらい)しか使えないのに10万円近くの投資は割高だなと感じた。

しかし、よく考えてみると、これはベビーカー単体の値段ではない。
そう。ベビーカー + カーシート(ベビーシート)の合計金額なのだ。

結局どんな高級機(高級ベビーカー)を買おうとも、車が必須の家庭ではチャイルドシートも購入することになるだろう。そんなとき、ベビーカーとの相性は?接続性は?高いのに、実際何歳まで乗れるの?

いろいろ調べてみると、実はこの一体型が結果的に『割安』と言えなくもないということに気づいた。

ただ、それは第一子の頃に気が付かないだろう。

我が家では、第三子になってはじめて車のことを念頭にベビーカー選びを考えて気がついた境地。

国内で人気の海外ブランドの高級モデル、サイベックスの(プリアムミオスメリオ)やベビーゼンのYOYO、そしてバガブーのビー5やビー6を比較し尽くして、分からなくなった人は一度こっちのルートから解決策がないか調べてみてもいいだろう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

東京ベビーカーとは、2012年7月にめでたく第一子(2015年11月に第二子、2020年9月に第三子)を授かった40代パパが息抜きでたまに本気出して書く、パパ目線でのモノ選びを中心に紹介するブログ。国内・海外のベビーカーを100台以上押し比べた実績が評価されて、晋遊舎から出版の『ベビー用品完全ガイド』にも以前出演させていただきました。
» 欲しいものリスト

評価の高い定番のベビーカー

■ A型両対面式で探すなら

¥69,300 (2021/10/22 14:48:15時点 楽天市場調べ-詳細)
↑ クリックで付与されるポイント数をチェック
《 楽天で最安値&高ショップ評価のお店 》

走行性良く、シート下カゴの収容力も抜群でハンドルの高さ可変で夫婦の身長差を気にしなくて良い総合力の高さが自慢
メリオのレビュー記事を読む

■ B型背面式で探すなら

¥25,300 (2021/10/22 14:56:28時点 楽天市場調べ-詳細)
↑ クリックで付与されるポイント数をチェック
《 楽天で最安値&高ショップ評価のお店 》

折りたたむとコンパクトで、展開しても平均身長・小柄ママにも丁度良いサイズ感。狭い玄関などでも場所を取らないので外出時に「今日ベビーカー持っていく?」と悩んだりせず我が家は車に積みっぱなしにしている。トラベルシステムにも対応
リベルのレビュー記事を読む

目次
閉じる