2024年2月のタイプ別おすすめ 

サイベックスがランニング用としても、自転車で牽引することもできるベビーカー『CYBEX ZENO(ゼノ)』を発表!

サイベックスがランニング用としても、自転車で牽引することもできるベビーカー『CYBEX ZENO(ゼノ)』を発表!

ドイツ発のベビーカー・カーシートメーカーの『CYBEX(サイベックス)』よりランニング・ジョギング用として使えて、サイクルトレーラー(自転車牽引)としても使えるベビーカーが発売!

CYBEX ZENO(サイベックス ゼノ)

価格72,000円程度見込み(牽引用KIT:18,000円)
対象月齢6カ月~4歳頃(22kgまで)
重量12.2kg
横幅68.5cm
自転車牽引用KIT取り付け後は79.8cm
ハンドル高105.5cm
公式サイトhttps://cybex-online.com/en-en/sport-overview
サイベックスがランニング用としても、自転車で牽引することもできるベビーカー『CYBEX ZENO(ゼノ)』が近く発表!
サイベックス ゼノ サイクルトレーラーで自転車で牽引もできるベビーカー

この自転車で牽引できて、かつランニング用ベビーカーにもなっているというのは良い組み合わせです。

パパとママ、もしくはその他のパートーナーと2名で育てる子育てをイメージした世界。
それはつまり、「リモートワークが増えているんだからどちらも家にいるケース増えている」世界。

その前提では、片方が自転車でベビーカーを牽引し、もう片方はハンズフリーでジョギングを楽しむこともできる!

自転車の前カゴ、後ろカゴスペースを牽引することで節約できるなら、前後のカゴに買い物袋もしっかり積めるし、なんなら3人乗せ走行だって可能かもしれない。

牽引できると、できることが一気に広がる予感が・・・

一気に、階段の上り下りも、電車に乗ることも、無理めなバスも諦めたスタイルに感じたけれど、これはファーストベビーカーというよりも、こういう生き方・ライフスタイルを望む人のための、ニッチ商品としてこの時代にいきいきと輝きそうな気がしている。

管理人
管理人パパ

ちなみに、ランニング用、自転車牽引用ベビーカーとしてそれぞれ独立したタイプのベビーカーには下記のものが先行商品として存在する。

ランニング・ジョギング用ベビーカー

¥52,800 (2024/02/27 08:35:02時点 楽天市場調べ-詳細)
¥80,850 (2024/02/27 02:55:02時点 楽天市場調べ-詳細)

サイクルトレーラー(自転車牽引&独立走行OKのベビーカー・トレーラー)

¥88,000 (2024/02/26 23:36:43時点 楽天市場調べ-詳細)
ワイク ジュニア<WIKE Junior>モバイル・チャイルドトレーラー

サイベックスからの公式発表を入手次第、続報を追加予定。

目次

続報:発表されました!

日本時間では2021年3月29日の深夜に発表されました。
CYBEXのGoldレーベルに『Sports』カテゴリーが加わり、今回下記の2モデルが発表されています。

  • ZENO(4 in 1 以下の4つ)
    1. 片手押しジョギング
    2. 牽引型のランニング
    3. 自転車で牽引するサイクルトレーラー
    4. クロスカントリースキースタイル
  • AVI(ジョギング専用ベビーカー)上記の1)専用

公式サイトの商品紹介はそれぞれ以下のページより

Sport Overview CYBEX
https://cybex-online.com/en-en/sport-overview

CYBEX ZENO multisport stroller – Designed for active parents
https://cybex-online.com/en-en/sport/zeno-product

CYBEX AVI jogging stroller – Designed for running
https://cybex-online.com/en-en/sport/avi-product

管理人
管理人パパ

私、思いましたが、このタイプのベビーカーはもしかしたら「非常時にも活躍」するかもしれませんね。津波がやってきた時に車にこだわるなと言われても、おちおちベビーカーを押して逃げることはできず、抱えて走るには重たすぎてどうにもならない!という土壇場のケースで、腰に装着して走って逃げられるなら相当助かる気がします。

その時がやってきたら、準備に時間をかけていられないでしょうが海岸沿いの景色の良いエリアで、歩道が整備されているエリアなら、例えば湘南・鎌倉・葉山あたりなら、もしもの時と、道幅の広い道路での普段づかいのどちらにも使えそうです。

関連記事

あわせて読みたい

管理人による旬の買い方紹介

2024年2月現在の旬な買い方はズバリこれかなと思います。

新生児に最適(最高だけど高額)
都会的な暮らしに最適
郊外型の車中心生活に最適
  • リベル+ベビーシートでトラベルシステム
軽さ重視&バス利用に最適
  • 国内メーカーのベビーカー → リベル/オルフェオに乗り換え
乗り換えたいが第二子への引き継ぎに最適
  • いまならバタフライ

※二台持ちとせず乗り換えを基本としているのは、途中で一台目を売却して二台目の予算にあてることがコストとしても玄関スペースとしても節約になるためです。

他にも有名ブランド・無名ブランド、国外のみ販売の世界的ブランドもあるけれどこれが基本です。

  • 14万円(ファースト)→売却して7万円回収して→7万円のB形を買うことも
  • 7万円(ファースト)→売却して4万円回収して→3万円のB形を買うことも
  • 7万円かけてB形をA形仕様にして1台で済ませることも

いろいろ方法はあるけれど、お金の余裕や投資に対する考え方・合理性、そして子どもと叶えたい理想の生活などみんなそれぞれ微妙に違うから、コレが正解!っていうのを本を読んだり限られた店舗をめぐって探しきるのは至難の技。

「高い買い物なのに何回も失敗したら数万円の損じゃ効かないかも??」で不安な人にはママ友コミュニティが一番かもしれないけれど、人付き合いが難しかったり、初子ならそもそも必要なタイミングでコミュニティに参加できていない場合も多いから大変なんよね。

私は私でできることをやっていきます。

基本はトータル7万円で卒業するのが理想

どれか一台だけと言われればコレ👇
¥69,520 (2024/02/26 20:47:54時点 楽天市場調べ-詳細)
2023年のベスト評価

管理人について

管理人パパのアバター 管理人パパ ベビーカージャーナリスト

東京ベビーカーとは、2012年7月にめでたく第一子(2015年11月に第二子、2020年9月に第三子)を授かった40代パパが息抜きでたまに本気出して書く、パパ目線でのモノ選びを中心に紹介するブログ。国内・海外のベビーカーを100台以上押し比べた実績が評価されて、晋遊舎から出版の『ベビー用品完全ガイド』をはじめメディア出演多数。
» 誰に向けて書いているのか?

目次