2024年2月のタイプ別おすすめ 

「キッズデザイン賞の受賞作品が発表!」受賞したベビーカーのモデルは?でも、それってどんな価値があるか!?

先日(2020/8/21)、第14回キッズデザイン賞の受賞作品 237点が発表されました。

キッズデザイン賞とは、

特定非営利活動法人キッズデザイン協議会が主催する、子どもの安全・安心と健やかな成長発達に役立つ優れた製品・空間・サービス・研究活動などを顕彰する制度です。

目次

気になるベビーカー部門の受賞は?

ベビーカーとしては、コンビの『スゴカルSwitch』が受賞されています。

第14回キッズデザイン賞 5点受賞|コンビ株式会社のプレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000274.000005728.html

とても素晴らしいことだと思います。

ただ、

この賞を受賞していることの価値は?
賞を受賞していないベビーカーは、負けたのか?

このあたりが気になるところです。(-_-)

ノミネート作品が公表されてないことは問題?

個人的な考えですが、

審査料さえ払えば登録できて、
ノミネート作品の一覧が公表されていなければ、

すごく審査基準が、その価値があいまいであるような気がしてならないのですが、、

サイベックスは負けたのか?
バガブーは負けたのか?
Joieは負けたのか?
ベビーゼンは負けたのか?
アップリカは負けたのか?

どうでしょうか・・・

過去のベビーカー関連の受賞作品を見ると、どうやらコンビかピジョンあたりしか、審査料を払ってまで応募していないようにも見受けられます。

キッズデザイン賞を受賞したベビーカーの一覧
キッズデザイン賞を受賞したベビーカーの一覧(年代別)

子供の安全に配慮した商品を顕彰するのは良いことだが

この賞の審査料は「55,000円(消費税別)/1作品につき」です。
企業側(販売側)から見ると、この賞をPRに使えることも参画する意味の一つだとしたら、”受賞を確約されていないにしても(落ちても世間に知られない)”割とリーズナブルな施策かもしれません。

メーカー3社が応募されての中でのコンビの受賞なのか、
それともコンビ1社が応募しての?受賞なのかが気になるところです。

活動の内容も、審査に応募することも、受賞できることも素晴らしいこと。

ただ、商品の選び手の私達が競争の実態の定かでない情報だけに振り回されては「審査を出願していない良いベビーカー探しを見誤る」ことに繋がりかねないので、

この辺りは、

賢く見極めましょうね。

ちなみに、あなたが商品を創る側になるなら

このお高い審査料ですが、東京都では「審査料の全額補助」が受けられます。

※補助を受けるためには下記に該当することが必要です。

  1. 応募部門が「子どもたちの安全・安心に貢献するデザイン部門」であり、応募作品の特長がこの部門の趣旨に合致していると認められること。
  2. 中小企業基本法第2条に該当する中小企業、個人事業者であること。
  3. 登記簿謄本に記載の本店所在地が東京都内であること。

意外とハードルは低いですね。。

管理人
管理人パパ

個人事業主でもOKなら、芸大・高専の学生と簡易なバギーを開発して申請してみたかった。いつまでも選ぶばかりではなく、いつか創る方にもまわってみたい…

ベビーカー自体を開発してもいいし、

ベビーカーに欲しい、あんな商品を開発してもいいし。

その気づきにはきっと価値があるはずです。

管理人による旬の買い方紹介

2024年2月現在の旬な買い方はズバリこれかなと思います。

新生児に最適(最高だけど高額)
都会的な暮らしに最適
郊外型の車中心生活に最適
  • リベル+ベビーシートでトラベルシステム
軽さ重視&バス利用に最適
  • 国内メーカーのベビーカー → リベル/オルフェオに乗り換え
乗り換えたいが第二子への引き継ぎに最適
  • いまならバタフライ

※二台持ちとせず乗り換えを基本としているのは、途中で一台目を売却して二台目の予算にあてることがコストとしても玄関スペースとしても節約になるためです。

他にも有名ブランド・無名ブランド、国外のみ販売の世界的ブランドもあるけれどこれが基本です。

  • 14万円(ファースト)→売却して7万円回収して→7万円のB形を買うことも
  • 7万円(ファースト)→売却して4万円回収して→3万円のB形を買うことも
  • 7万円かけてB形をA形仕様にして1台で済ませることも

いろいろ方法はあるけれど、お金の余裕や投資に対する考え方・合理性、そして子どもと叶えたい理想の生活などみんなそれぞれ微妙に違うから、コレが正解!っていうのを本を読んだり限られた店舗をめぐって探しきるのは至難の技。

「高い買い物なのに何回も失敗したら数万円の損じゃ効かないかも??」で不安な人にはママ友コミュニティが一番かもしれないけれど、人付き合いが難しかったり、初子ならそもそも必要なタイミングでコミュニティに参加できていない場合も多いから大変なんよね。

私は私でできることをやっていきます。

基本はトータル7万円で卒業するのが理想

どれか一台だけと言われればコレ👇
¥69,520 (2024/02/26 20:47:54時点 楽天市場調べ-詳細)
2023年のベスト評価

管理人について

管理人パパのアバター 管理人パパ ベビーカージャーナリスト

東京ベビーカーとは、2012年7月にめでたく第一子(2015年11月に第二子、2020年9月に第三子)を授かった40代パパが息抜きでたまに本気出して書く、パパ目線でのモノ選びを中心に紹介するブログ。国内・海外のベビーカーを100台以上押し比べた実績が評価されて、晋遊舎から出版の『ベビー用品完全ガイド』をはじめメディア出演多数。
» 誰に向けて書いているのか?

目次