メニュー
ページ

【出産準備編】ずっと気になっていた「ベビーバス」購入

この記事は100台ベビーカーを押し比べた管理人パパがお届けしています。

さて、先日の続きで今回はベビーバス。

おむつポットと一緒に前から考えていたベビーバスを買いました。

ずっと決心できなかったんですよね。

どれにしようか?

いつもは妻の実家に里帰りして出産だったので、実家に昔からあるベビーバスを使わせてもらっていたので考えもしませんでしたが、今回はコロナ禍で里帰りできないので私たち夫婦で準備しなければなりません。

たしか、実家で使っていたのはこんなのだったなーと安定のプラスチック製を選びました。

ちなみにAmazonで売れているのはこんな感じ

妻からは「使わなくなってから邪魔になるから・・・」という理由でエア注入式のビニール製をすすめられましたが、樹脂製でないとなんか心もとなくて、、、

あと都度の水抜きなんかも樹脂の方が衛生的かなと思った次第です。

今回はこれだけ。

ちょっとずつ出産準備すすめています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

東京ベビーカーとは、2012年7月にめでたく第一子(2015年11月に第二子、2020年9月に第三子)を授かった40代パパが息抜きでたまに本気出して書く、パパ目線でのモノ選びを中心に紹介するブログ。国内・海外のベビーカーを100台以上押し比べた実績が評価されて、晋遊舎から出版の『ベビー用品完全ガイド』にも以前出演させていただきました。
» 欲しいものリスト

評価の高い定番のベビーカー

■ A型両対面式で探すなら

¥69,300 (2021/10/22 14:48:15時点 楽天市場調べ-詳細)
↑ クリックで付与されるポイント数をチェック
《 楽天で最安値&高ショップ評価のお店 》

走行性良く、シート下カゴの収容力も抜群でハンドルの高さ可変で夫婦の身長差を気にしなくて良い総合力の高さが自慢
メリオのレビュー記事を読む

■ B型背面式で探すなら

¥25,300 (2021/10/22 14:56:28時点 楽天市場調べ-詳細)
↑ クリックで付与されるポイント数をチェック
《 楽天で最安値&高ショップ評価のお店 》

折りたたむとコンパクトで、展開しても平均身長・小柄ママにも丁度良いサイズ感。狭い玄関などでも場所を取らないので外出時に「今日ベビーカー持っていく?」と悩んだりせず我が家は車に積みっぱなしにしている。トラベルシステムにも対応
リベルのレビュー記事を読む

目次
閉じる