メニュー
ページ

ペピタ柄の高級三輪ベビーカーはマウンテンバギー社(NZ)の『Swift Luxury Collection』

ペピタ柄の高級三輪ベビーカーはマウントバギー社(NZ)の『Swift Luxury Collection』

この記事は購入相談実績90件以上、100台以上のベビーカーを押し比べた管理人パパ(ベビーカージャーナリスト)がお届けしています。

ニュージーランドで人気の三輪ベビーカー Swift(スイフト)にラグジャリー・コレクションが誕生しました。

デメリット

  • 本体重量は9.1kgとエアバギーとほぼ同様
  • 横幅が58cmで一般駅改札を通れない(広めの改札はOK)

メリット

  • 新生児から利用可能で5歳頃(体重20kg)まで利用できる
  • 折りたたむと自立してコンパクト(72 x 58 x 31cm)
  • ハンドルの高さを変えられる(59~106cm)
  • パンクの心配のいらないパンクレスタイヤ
  • トラベルシステムに対応
  • ラグジャリーコレクションではバッグなどオプション類が豊富に付属

ラグジャリーコレクションという割には意外にお得な印象を受けました。

公式:swift™ luxury collection by mountain buggy onlinehttps://us.mountainbuggy.com/products/swift-luxury-collection

動作のイメージは下記の動画を参考までに。
エアバギーとはちょっと違った三輪ベビーカーを探している人に。

Not found the post.

目安箱に投稿してみませんか?

当サイトでは真実のレビューにこだわって活動していますが、本当の使い勝手は実際に使っている方にお聞きできるのが一番だと考えています。

子どもを思う親の気持ち。それがしっかりとあなたの調査時間に現れていたと思います。
お疲れさまでした。

ベビーカー購入で迷われた点、決め手になった情報など是非後輩となるママ・パパのために教えていただけませんか?

特にマイナーなモデル、海外でしか販売されていないモデルを求めています。

管理人パパ
ベビーカージャーナリスト
東京ベビーカーとは、2012年7月にめでたく第一子(2015年11月に第二子、2020年9月に第三子)を授かった40代Web設計屋が息抜きでたまに本気出して書く、パパ目線でのモノ選びを中心に紹介するブログ。国内・海外のベビーカーを100台以上押し比べた実績が評価されて、晋遊舎から出版の『ベビー用品完全ガイド』にも出演。
ペピタ柄の高級三輪ベビーカーはマウントバギー社(NZ)の『Swift Luxury Collection』

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる