2024年2月のタイプ別おすすめ 

BEAMS(ビームス)で販売されているベビーカーの名前は?【コ・マーケティング実例】

BEAMS(ビームス)で販売されているベビーカーの名前は?【コ・マーケティング実例】

こどもビームスの通販サイトにてオランダ発のベビーカー『JOOLZ(ジュールズ)のHUB(ハブ)』が販売されています。

こども ビームス 【予約】JOOLZ / HUB ベビーカー
お届け予定:2020年04月下旬https://www.beams.co.jp/item/kodomobeams/maternity/55780001104/

ビームスが、ターゲットとしている家族の志向にマッチするデザインだからか、機能性が評価されてかはわかりませんが、とてもユニークな売り方をするもんだと感じました。

1メーカー、1モデルのみ、しかもなんともニッチなところを突いてくるなと。ちなみに以前、私がレビューした感想記事はこちらです。

目次

Hubはどんな人におすすめか?

横幅53cmで一般の駅改札も実は通過できるし、
ハンドルの高さも96.5~106cmの間で調整できるので、
実は意外と便利。

難点に見えるのがその大きさですが、
実は全長85cmと意外と長過ぎるものではありません。
(参考:エアバギーは全長96cm)

最大のデメリットがその重量(11.5kg)になるでしょうが、
これもエアバギー(10.3kg)と比べても1.2kgの差。

どっしりとした走行安定性を高く評価する人には、エアバギーと同等かもしくはそれ以上に面白い選択肢でもあります。

エアバギーではトラベルシステムを使わなければ叶わなかった対面式走行も、こちらであればシートの取付け向きを付け替えることで簡単に対面式が可能。

さらにハンドル下の足元空間が広々としているので、足の長い・背の高い親御さんには余裕のある走行が可能でしょう。

こどもビームス」がターゲットにしているのは、モデルのようなスタイルを持つパパ・ママなのでしょうかね。

コラボレーション・マーケティングの面白い試みの紹介でした。

あわせて読みたい
ジュールズ ハブプラスの後悔とおすすめポイント解説 【ハブプラスの基本スペック】 【解説】 オランダ・アムステルダム発のおしゃれなベビーカー「JOOLZ」。そのラインナップの中でもひときわスタイリッシュなのがこの「HU...

JOOLZ Hubに興味のある人に

こちらがおすすめの競合製品にあたるでしょう。
超合金的なイメージは薄まりますが(カーボン製)、男性的なデザインでありながら、軽量に収めようとしている点は女性にも優しい選択肢と言えそうです。

あわせて読みたい
サイベックスからMELIO(メリオ)が新発売。MIOS(ミオス)の廉価モデルになる予感 今朝、ベビーカーに関するユニークなプレス記事を見ました。 <調査>ベビーカーを「軽さ」で選んだママの6割超が「走行性」に不満https://kyodonewsprwire.jp/release/...

管理人による旬の買い方紹介

2024年2月現在の旬な買い方はズバリこれかなと思います。

新生児に最適(最高だけど高額)
都会的な暮らしに最適
郊外型の車中心生活に最適
  • リベル+ベビーシートでトラベルシステム
軽さ重視&バス利用に最適
  • 国内メーカーのベビーカー → リベル/オルフェオに乗り換え
乗り換えたいが第二子への引き継ぎに最適
  • いまならバタフライ

※二台持ちとせず乗り換えを基本としているのは、途中で一台目を売却して二台目の予算にあてることがコストとしても玄関スペースとしても節約になるためです。

他にも有名ブランド・無名ブランド、国外のみ販売の世界的ブランドもあるけれどこれが基本です。

  • 14万円(ファースト)→売却して7万円回収して→7万円のB形を買うことも
  • 7万円(ファースト)→売却して4万円回収して→3万円のB形を買うことも
  • 7万円かけてB形をA形仕様にして1台で済ませることも

いろいろ方法はあるけれど、お金の余裕や投資に対する考え方・合理性、そして子どもと叶えたい理想の生活などみんなそれぞれ微妙に違うから、コレが正解!っていうのを本を読んだり限られた店舗をめぐって探しきるのは至難の技。

「高い買い物なのに何回も失敗したら数万円の損じゃ効かないかも??」で不安な人にはママ友コミュニティが一番かもしれないけれど、人付き合いが難しかったり、初子ならそもそも必要なタイミングでコミュニティに参加できていない場合も多いから大変なんよね。

私は私でできることをやっていきます。

基本はトータル7万円で卒業するのが理想

どれか一台だけと言われればコレ👇
¥69,520 (2024/02/26 20:47:54時点 楽天市場調べ-詳細)
2023年のベスト評価

管理人について

管理人パパのアバター 管理人パパ ベビーカージャーナリスト

東京ベビーカーとは、2012年7月にめでたく第一子(2015年11月に第二子、2020年9月に第三子)を授かった40代パパが息抜きでたまに本気出して書く、パパ目線でのモノ選びを中心に紹介するブログ。国内・海外のベビーカーを100台以上押し比べた実績が評価されて、晋遊舎から出版の『ベビー用品完全ガイド』をはじめメディア出演多数。
» 誰に向けて書いているのか?

目次