MENU

ベビーゼンのYOYOがリニューアル!YOYO2(ヨーヨーツー)が3月より発売開始

この記事は100台ベビーカーを押し比べた管理人パパがお届けしています。

フランスのBABYZEN社から、背が高めな方に人気なYOYO(ヨーヨー)の2020年モデルが『YOYO2(ヨーヨーツー)』となって発売開始されています。

海外では、さっそく先代のYOYO+(ヨーヨープラス)と比較した記事や動画が公開されていました。

参考:2020 Babyzen YOYO2 vs. 2019 Babyzen YOYO+ Stroller Comparison | Strolleria

上記は英語なので、手っ取り早く意訳して解説します。

目次

YOYO+と2020年モデル(YOYO2)の違い

走行性能が高まった
もともと走行性も良かった先代からさらにバージョンアップしています。
素材にハイトレルが使用されサスペンション性能が大きく向上とありました。

耐荷重が22kgに上がった
上記のサスペンション性能が上がったことで耐荷重も2kg増え22kgまでOKとなりました。

ハンドルが改良された
ハンドルがレザー調の人工皮革にアップグレードされ、先代のウレタンでは高温環境下で出やすかったひび割れの心配がなくなりました。
また、ハンドルにはストラップがつくようになり安全性がアップ!フットブレーキでは間に合わない咄嗟の場面にも安心です。

シートベルトが改良された
ベルトを留めるハーネス部分が改良されロック解除がしやすくなりました。
シートベルトもソフトな素材にリニューアルされ、快適性が増しています。

バスケットのデザイン刷新
シート下の収納バスケット部分のデザインに改良が加えられました。

新型(YOYO2 6+)2020旧型(YOYO+ 6+)2016
定価70,000円(税込)50,000円(税込)
重量6.2kg6.2kg
対象年齢6ヶ月~4歳くらいまで6ヶ月~3歳くらいまで
リクライニング110度~140度まで110度~140度まで
付属品レインカバー付属なしレインカバー付属

新型(YOYO2 6+)2020 → 実質6万円台前半

¥69,300 (2021/09/26 14:29:08時点 楽天市場調べ-詳細)

旧型(YOYO+ 6+)2016 → 実質3万円台後半

¥50,000 (2021/09/26 15:04:16時点 楽天市場調べ-詳細)

嬉しいことばかりじゃない!注意点

レインカバーが付属しなくなった(泣)
5,000円相当のレインカバーが付属しなくなりました。別途オプション品として購入する必要がでてきました。これは痛い!

総論

確かにレインカバーは付属しなくなりましたが価格据え置きでここまでの改良は立派だと感じました。

  • トラベルシステムにも対応しており車を使う人に便利
  • コットを利用すれば新生児からの利用OKで対面式走行も楽しめる
  • 生後6ヶ月からは6kg台前半のコンパクトベビーカーとして用途は広い

そして今回の22kgまで対応可能となった耐荷重性能のグレードアップにより、このコンパクトさで長く乗れるベビーカーとして利用価値がさらに高まりました。

こんな人にいいかも

  • バガブーのbee5が気になっているけどもっとコンパクトなものがいい
  • 夫婦の身長差はそれほどなく互いに身長は高め(170cm以上)
  • ベビーシートの購入もこれから考えている

一番のポイントはハンドル位置が高めだというところでしょう。
106cmですので、実際は180cm近くないと肘が疲れやすいはずです。

どちらかというと、
外車やコンパクトなマイカーを所有していて、
背が高めで、
乳児のうちはベビーシートをコットがわりにして(トラベルシステム)、大きくなったら(6ヶ月頃~)通常のベビーカーとして利用したい親御さん向け
というペルソナのはっきりしたベビーカーの印象を受けました。

詳しくはこちらのレビュー記事も参考に。

あわせて読みたい
ベビーゼン YOYO2の口コミ(メリット・デメリット) セカンドベビーカー要らずのコンパクトベビーカー工業的な機能美とかわいさを併せ持つ一台 価格65,000円 + 税対象6+モデルは6ヵ月~3歳頃前(18kgまで)0+モデルは新生...
新生児から使いたいなら
¥96,800 (2021/09/26 15:04:16時点 楽天市場調べ-詳細)
6ヶ月から利用なら
¥69,300 (2021/09/26 14:29:08時点 楽天市場調べ-詳細)
黒一色の洗練された印象で探すなら
コーディネートしやすく上品な印象のエールフランスコラボモデル

B型ベビーカーの最高の押し心地をプレゼントしたい人に。


ベビーゼンのベビーカー 賢い買い方

【ここがポイント】
  • 国内には店舗が無く、公式サイトにもオンラインショッピング機能が無いので国内正規販売店から購入する
  • リアル店舗で試せる場所としてはblossome39やGRAYBEARをおすすめする。ただしネット通販の方が最安値となりやすい
  • Amazonは便利だがこのブランドに限っては並行輸入品の出品が多く、信頼できる販売者の見極めが難しい
  • 最新モデルと最安値は楽天市場の人気店『ナチュラルリビング ママ*ベビー』に上がることが多い。その他の店舗は補完的にチェックしたいが、型落ちモデルでないか要確認(2020年以降のYOYO2とそれ以前のYOYO+)

下記はいずれもショップレビュー検査済み店舗です。

私がお得&安全と考えるショップ

※楽天の『NetBabyWorld(ネットベビー)』という販売店の運営元は【楽天】自身によるもの
(2016年の爽快ドラッグ買収によりグループ傘下に)

注目の両対面式ベビーカー

走行性良く、シート下カゴの収容力も抜群でハンドルの高さ可変で夫婦の身長差を気にしなくて良い総合力の高さが自慢。
メリオのレビュー記事はこちら >>

注目のB型ベビーカー

折りたたむとコンパクトで、展開しても平均身長・小柄ママにも丁度良いサイズ感。走行性も良い方。狭い玄関などでも場所を取らないので外出時に「今日ベビーカー持っていく?」と悩んだりせず我が家は車に積みっぱなしにしている。
リベルのレビュー記事はこちら >>

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

東京ベビーカーとは、2012年7月にめでたく第一子(2015年11月に第二子、2020年9月に第三子)を授かった40代パパが息抜きでたまに本気出して書く、パパ目線でのモノ選びを中心に紹介するブログ。国内・海外のベビーカーを100台以上押し比べた実績が評価されて、晋遊舎から出版の『ベビー用品完全ガイド』にも以前出演させていただきました。
» 欲しいものリスト

目次
閉じる