2024年5月のおすすめランキング 

そのベビーカー、私だったらこうプロモーション施策を考えます。

  • インテリアショップと組んでベビーカーを什器と捉えたVMD空間を演出で露出機会を増やす
  • 一部のインスタグラマーへギフティング
  • 都会の子連れ施設(百貨店ではない)の館内利用用ベビーカーとして設置交渉
  • 男性向けの「ベビーカーが合ってよかった!」と思える散々なシチュエーション解決シーンを訴求
  • 高齢者向け手押し車(シルバーカー)分野へのピボット

本来なら、この手のベビーカーは国内・海外のAward(特に海外)を受賞できることが一番のプロモーションなのでしょうがここはしっかり事前に開発段階からプロモーションを設計していかなければ難しいですね。

「言うは易く行うは難し」
そのとおりです。海外ブランドに席巻され始めている国内市場で今が踏ん張りどころ。

応援しています。

目次