IDEE SHOPで販売されていたイングリッシーナのベビーカーについて

イングリッシーナといえばイタリアのベビー用品ブランドで、ベビーチェアの「FAST(ファスト)」が有名。

我が家も使っていました。

ファストの使い勝手がとてもよかったので、ベビーカーの方も期待できそうでしたが、以前(2015年)に渋谷ヒカリエのIDEE SHOPで見つけた当ブランドのベビーカーについてレビューしてみたいと思います。

見かけたのはInglesinaのVERONA(ヴェローナ)というモデル。

価格は20,000円でした。
かなり安い方だと思います。

いわゆる軽量・B型・ガラガラベビーカーですが、押し心地は悪くないです。昔、流行ったマクラーレンに似ています。

残念ながら、今はもう販売されておらず、後継モデルの「ブリンク」に替わっているようです。

イングリッシーナ公式サイト

詳細はメーカーの下記プレスリリースに詳しくあります。

ジャスト20,000円(税抜き)で充実機能!ブランド最軽量コンパクトモデル『イングリッシーナ ブリンク』新発売|カーサリッチのプレスリリース
prtimes.jp/main/html/rd/p/000000013.000010947.html

指切断事故から長らくブランドとして影を潜めている感のある「MACLAREN(マクラーレン)」のセパレートハンドルタイプのベビーカーをおしゃれに感じていて、でも他とは違ったユニークなベビーカーを求めている人には意外と知られていないこのモデルがお勧めになります。

今年発売された旬のモデルは?

今買うなら、上記の「ブリンク」もいいですが、利用シーンにあわせて下記の2台がおすすめです。

イングリッシーナ アプティカ

Inglesina Aptica

大型軽量タイヤでサスペンションも良く、両対面式になり、収納かごも大きくって使いやすい。

ネックは重量と価格(10万円超え)ながら、車幅が50cmと抑えられていて割とコンパクトに折りたたむことができるので、ゆったりとしたベビーカーが良くて、でも電車・新幹線での移動も楽しみな欲張りな人にはぴったりでしょう。

イングリッシーナ クイッド

管理人がべた褒めしているJoieのツーリストに近い操作性を持つベビーカー。

片手でワンタッチ開閉ができる海外メーカーでは珍しいモデル。
奥行きが17.5cmとコンパクトで車中・機内への持ち込みも余裕。

その他のスペックもほぼJoieのかのモデルと同等。

唯一の問題点は、「価格」ぐらいでしょうか?

Joie ツーリストの2万円台を見てしまうと、この同等スペックでちょっとおしゃれなベビーカーにその倍額を支払うのは少し勇気がいるところです。

しかし、同メーカーのイングリッシーナ FASTの使い心地に惚れている人なら、ベビーカーもこのメーカーで統一してあげたくなる気持ちもわかります。

実際、毎日つかうことになる「ハーネスの留めやすさ」も良さそうだし、使い勝手がよく考えられたメーカーという印象を受けています。

Inglesina QUID

なにわともわれ、見た目に派手さもなくて落ち着いた色味にセンスを感じます。
自宅やファッションに北欧・ヨーロッパぽさをアレンジしている方にはぴったりかもしれないバランスの一台だと思います。

実際に試してみたい人は?

これが結構難しい。
基本的には、日本の正規販売代理店の「カーサリッチ」の店舗を訪ねることになります。

全国の店舗一覧はこちら:
https://casarich.co.jp/shop

とはいえ、先ほど紹介したモデルが必ずしも展示されているとは限らないので、必ず事前に電話で展示状況を確認してから訪ねましょう。