100台を押し比べたパパの総合ランキング »

ストッケ Xplory(エクスプローリー) V6の口コミ(メリット・デメリット)

ストッケ Xplory(エクスプローリー)V6の個人レビュー
(3)

大きい!横幅55cmの改札は無理!
折りたたみが大変!
でも、子どもと同じ目線が楽しい♪

ベビーカー市場にあって、昔からですが唯一無二の存在ではないでしょうか。
これほどハイシートが楽しいベビーカーはないでしょう。
子どもを小さな大人、小さな恋人として、生まれてからかがむこと無く接したい人向けのベビーカーです。

価格143,000円 + 税
対象6ヶ月 ~ 15 kg
重量13.1kg
横幅56.5cm
ハンドル高95cm~110cm
公式サイトhttps://www.stokke.com/JPN/ja-jp/%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%BC/%E3%82%A8%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%BC/4997.html?dwvar_4997_color=309

解説

2018年にモデルチェンジしたストッケ・ベビーカーの最上級モデル。

本体重量はエアバギーの9.5kgをさらに2kg以上上回る13kgと重い。

しかしながら、走行性は上質で押し心地は軽く感じる。

ハイシートベビーカーの欠点は座面を高くすることにより重心が情報に移動しふらつきが多くなる点だが、このベビーカーはそんなきしみ・たわみを微塵も感じさせない。

さながら、ベビーカー業界のVOLVO(ボルボ)とでも言えようか。

私が考えるに、このベビーカーには使い勝手という意味での欠点は多いが、このベビーカーにしかない利点というのも多くある。

  • 調整できるシート高
  • 両対面でのリクライニング機能
  • デザインされたハンドルポジション(高さ調整機能)

こんな人に特に向いている

  • 公共交通機関での移動はめったにない
  • 小さな恋人、子どもとデートを楽しみたい
  • ヒールなど、高い靴底の靴を履くことも多い
  • どちらかというといつも準備万端でバタつかないほうだ
  • 自宅周辺やよく行く場所に坂道はあまりない

https://tokyo-babycar.com/wp-content/uploads/profile-twitter_tiny-150x150.png
管理人

もっと「職場に子連れ」が身近に、当たり前になった時、そして職場への出社が当たり前で無くなった時代に、こういった選択肢が増えてくるでしょうね。

このベビーカーの満足度レビュー
3
  • 押しやすさ
    (3.5)
  • 機能性
    (4)
  • 携帯性
    (1.5)
  • デザイン
    (4.5)
  • 価格
    (1.5)
error: