2024年4月のタイプ別おすすめ 

軽いハイシートベビーカーがつまづきやすい理由

今回はサラッといきたい。

ベビーカーの重心に関してはときどきTwitterでもつぶやいたりしてきた。

重心は低いほうが段差乗り越えで安定し、高いとつまづきやすい。

「でも待って!」

大きさを許せば、予算が許されれば走破性能は最強!と謳ってきたバガブーのフラッグシップ・ベビーカー『フォックス』だって、座面高は60cmもありハイシートじゃん。どうしてアレは大丈夫なの?

時間のないのを承知でまずは下記の動画を観てもらいたい。
早送りすれば5分もあれば観終わるので、これからベビーカーの購入を考えている人は必見である。

RISU

隊長!電動キックボードに関する動画ですよ?

管理人パパ

確かにそうなんだけど「重心位置の違いによる(段差)乗り越え性の違い」についてわかりやすく解説されている。

ここがポイント
  • 重心位置の高いベビーカーは段差でつんのめった際に、前に行こうとする力が低いベビーカーよりも強い
  • 高い位置からの転倒になるのでシートベルトの締め忘れ、大怪我に注意したい

ちなみに、

ハイシートの基準ですが、地上からの座面の高さ「50cm」が基準になっています。
50cm以上をハイシート、それ以下(~49cm)をローシートと言うんですね。

RISU

「ローシートモデルですっ!」てのはあまり聞きませんけどね。

管理人パパ

僕の記憶だと2010年代前半に日本で取って付けられた「売り文句」だったような気がする。2000年代一斉を風靡したマクラーレンはかなりのローシートだったし、コンビのエッグショックがはじまったぐらいから国内で広まった印象。

話が脱線した。戻そう。

ハイシート・ベビーカー全般が悪いわけではない。

私が問題視しているのは、「足が軽いハイシート」。

つまり、全体を軽くするために車輪周りまで軽量化されたため、それはまるでモデルのような高身長の女性がハイヒールで闊歩しながらも段差におぼつかない状態をイメージさせる。

海外のプラムやストローラーの文化では、新生児~乳児は「コット(バシネットとも呼ばれる)」を基本とする乳母車の造りで車輪も大きく頑丈であった。

そんなベビーベッドに車輪を付けたスタイルの表面的な部分だけが国内ではスタンダードになってしまい、軽量化もあいまって「足元がふらつくならダブルにしちゃえ(ダブルタイヤ)!」の発想からかバランスを欠くものになった印象を受ける。

私は上にばかり伸びるハイシートベビーカーには警鐘を鳴らしたい。

上に伸ばすなら足元は頑丈な作りにすべきだ。

メーカーはあくまでも国内(ユーザー)のニーズに忠実に軽量なモデルを出しているに過ぎない。

私たちが「軽さ」を諦めることはないように思うが、行き過ぎたハイシートには疑問の目を持っておきたい。

足元ずっしりなら、ハイシートでも安心。

車輪の重さは命の重さ。
重心は低ければ低いほど安心。

けれど、高ければ高いほどお世話はしやすい。

引き換えに段差につんのめっているその時、子どもの脳は揺れているのだろう。

目次

補足

自分で読み返した読後感に「日本のメーカー批判」をうっすら感じたのでちょっとフォローしておきたい。

日本メーカーの軽量を叶える技術は世界でも抜きん出ているように思う。
いや、日本は世界の考え方とは真逆を行っていると言ってもいい。

確かに国内メーカーのベビーカーは海外ものに比べると段差に弱い。
いや、弱いというよりそもそも段差に突っ込む考え方を前提としていないだろう。

日本のユーザーの「段差にはソロソロと前輪を持ち上げて」といった月齢浅い乳児ははこうして当たり前!の倫理観をベースにしているように思う。

われわれ期待されすぎでは!?

私はそれを悪い考えだとは思わない。
ただそれだけに、その造りは海外のプラムやストローラーとは一線を画したものだとの理解は促したい。

その程度の段差性能は海外では「バギー」であり、しかしクッション性にすぐれた丁寧な造りも併せ持つ。

だからそれはやっぱり和製英語の「ベビーカー」なんだと思う。
ジャパニーズ・バギー、それが「ベビーカー」なんだ。

段差には弱いけれど、バリアフリーでない都会の階段場面では軽くて持ち運びやすいのは助かる。

弱い部分を理解した上で無理をしない。
工夫しながら使い分ける(例:国内の軽量ベビーカー + 段差に強いバギーのリベル)。

それがベビーカーライフの満足度を上げるポイントでもある。

軽い足しか持たないものなら、ローシートな「越えれる奴」を相棒にして。

管理人による旬の買い方紹介

2024年4月現在の旬な買い方はズバリこれかなと思います。

新生児に最適(最高だけど高額)
都会的な暮らしに最適
  • ミオス → リベル/オルフェオ(4月リニューアル)に乗り換えまたはコヤと二台持ち
  • メリオ → リベル/オルフェオに乗り換え
郊外型の車中心生活に最適
  • リベル+ベビーシートでトラベルシステム
軽さ重視&バス利用に最適
  • 国内メーカーのベビーカー → リベル/オルフェオに乗り換え
乗り換えたいが第二子への引き継ぎに最適
  • いまならバタフライ

※二台持ちとせず乗り換えを基本としているのは、途中で一台目を売却して二台目の予算にあてることがコストとしても玄関スペースとしても節約になるためです。

他にも有名ブランド・無名ブランド、国外のみ販売の世界的ブランドもあるけれどこれが基本です。

  • 14万円(ファースト)→売却して7万円回収して→7万円のB形を買うことも
  • 7万円(ファースト)→売却して4万円回収して→3万円のB形を買うことも
  • 7万円かけてB形をA形仕様にして1台で済ませることも

いろいろ方法はあるけれど、お金の余裕や投資に対する考え方・合理性、そして子どもと叶えたい理想の生活などみんなそれぞれ微妙に違うから、コレが正解!っていうのを本を読んだり限られた店舗をめぐって探しきるのは至難の技。

「高い買い物なのに何回も失敗したら数万円の損じゃ効かないかも??」で不安な人にはママ友コミュニティが一番かもしれないけれど、人付き合いが難しかったり、初子ならそもそも必要なタイミングでコミュニティに参加できていない場合も多いから大変なんよね。

私は私でできることをやっていきます。

基本はトータル7万円で卒業するのが理想

どれか一台だけと言われればコレ👇
¥74,250 (2024/04/18 20:58:00時点 楽天市場調べ-詳細)
2024年のベスト評価

管理人について

管理人パパのアバター 管理人パパ ベビーカージャーナリスト

東京ベビーカーとは、2012年7月にめでたく第一子(2015年11月に第二子、2020年9月に第三子)を授かった40代パパが息抜きでたまに本気出して書く、パパ目線でのモノ選びを中心に紹介するブログ。国内・海外のベビーカーを100台以上押し比べた実績が評価されて、晋遊舎から出版の『ベビー用品完全ガイド』をはじめメディア出演多数。
» 誰に向けて書いているのか?

目次