メニュー

ベビーカーの人気ランキング

管理人パパ
ベビーカージャーナリスト
プロ・ベビーカーレビュアー。ベビーカーを10年間で100台以上押し比べてきた体験談を紹介。2022年からは年間100件の購入相談に応える。業界のトレンドや売り手の心理を先読みしたレビューが得意。雑誌のベビーカー特集監修等

黒一色(ブラッキー)なベビーカーで注目のStokke Beat ブラックモデル

黒一色(ブラッキー)なベビーカーで注目のStokke Beat ブラックモデル

最近、にわかにネットで話題を集めているストッケのビート。

参考:
《ストッケから限定発売♪》日本のママの欲しい!が詰まったベビーカー、ビートって? – 代官山スタイル by blossom39
https://daikanyamastyle.jp/822

《ストッケから新発売》都会派ベビーカー・ビートの開閉の仕方のコツ& 優秀すぎる便利パーツをご紹介♪ – 代官山スタイル by blossom39
https://daikanyamastyle.jp/823

サイベックス MIOSの対抗馬として挙げさせてもらっていますし、タワーマンションなどスタータス住民エリアに人気のベビーカーです。

ですが、なかなか街中ではBugabooのビー5ほどは目にすることがありません。

おそらく、バガブーと比べてまだ発売から日が浅いということと、昨今のストッケ社(韓国資本)の方針転換の影響なのか日本では販売代理店をものすごく選んだ流通コントロールがなされていて、私が知る限り正規にストッケのベビーカー商品を買える場所は数サイトに限られています。

  1. 【楽天】BrilliantBabyブリリアントベビー ★4.78
  2. 【楽天】blossom39★4.58
  3. Amazon

ストッケ社は今後、日本での販売方針をどのようにマネージしていくのか読めないところがあります。

突然、このBeat(ビート)が【数量限定(Limited)】と銘打たれたりするなど、当初は計画されていなかったラベル付をされるようになりました。

ということは、現在の在庫分を売り切ったら、「エクスプローリーを残して市場から商品を撤退させるか?」と勘ぐりたくなるもの。

商品としてはMIOSと同等の評価をされるべきものだと思いますが、なかなか広まらないのは残念に感じます。

冒頭で挙げた記事(blossom39の元販売員(現在は産休中)が書かれた)は、バガブーのbee3をディスってまでこのビートの良さを伝えようとしている記事なので、とても読み応えがありましたが、折りたたみの不便さはやはり伝わってきますね。。

ただ、それが最大級に不便なものかというと、そういうことではなく、「サイベックスのMIOSやエアバギーのCOCO程度に両手を使ってしっかりたたむ必要があるよ。」程度のもの。

このベビーカーは、

日常生活に「余裕」のある人にしか向いていないと思っていますが、

何かと話題の「多目的トイレ」のベッドをコロナ禍でできれば使いたくないな・・・と考えている人には、サイベックスのMIOSやエアバギー以上に選ぶ理由にはなっているでしょう。

ここを取り上げられているのはさすが元販売員&第三子の育児ママというところですね。

ということで、

ディスっているのか、讃えているのかよくわからない私の主張になっていると思いますが、

一言でいうと、

ストッケ、ちゃんとやって!
あなたはあなたのままで、日本市場にあわせないでいいから、
我道を行って欲しい。

という願いを込めて今回取り上げました。

多目的トイレのベッドに頼らないで済む、ステーションバギーとして、これからものんびりとマーケットのニッチで輝いて欲しいです。

あわせて読みたい
ストッケ ビートの後悔とおすすめポイント解説 本日(4月8日)発売日になりました。それによりストッケの公式サイトでも商品ページが公開されています。 ストッケ ビート Stokke Beat 価格80,000円 + 税対象新生児~2...

その他のお洒落なブラッキー・ベビーカー

黒一色で探している人もいるでしょう。
走行性・操舵性も重要なポイントですが、「自分がモノとして気に入れるか?」というのも大事に使える重要要素です。

コンビ
¥13,900 (2024/06/25 22:04:30時点 Amazon調べ-詳細)
ブリタックス ビーアジャイル Britax B-AGILE 3

以前書いたまとめ記事もあります。
ただ古くなっているので参考までに。
書き直さないとな、、黒一色のベビーカーも増えてきました。

投稿が見つかりません。
この記事の目次

ストッケの最安値·安心の購入術

ここがポイント

  • 直営店は全国に5箇所。東京(2)、横浜(1)、大阪(1)、京都(1)のいずれも百貨店内に構えられている。直営店以外の販売店は公式サイトから検索できる。全国に80箇所程度と豊富だが関東近郊に偏りが見られる
  • 通販は公式サイトが公式ストアを兼ねており直接購入することができる。公式ストアでの購入はポイント付与がなく価格メリットは無いが一部公式ストア限定商品もあり、プレゼント用に活用するのもいい
  • 公式ストア以外では大手ECモール内に正規販売代理店がいくつか存在し、それらでの購入が価格メリットが高い
  • Amazon.co.jpでもブランド商品の取り扱いが見られるがポイント付与は薄い。しかし翌朝届くなどPrime特典の恩恵を受けたい場合に便利
  • 通常は楽天市場内の下記人気テナントが最安値を付けることが多い

下記はいずれもショップレビュー検査済み店舗

管理人がお得&安全と判断したショップ

この記事の目次