メニュー
ページ

突如、日本市場から姿を消した「ABCデザイン」が背の高い背面式ベビーカーでこっそり復活

この記事は100台ベビーカーを押し比べた管理人パパがお届けしています。

ABC Designはドイツ発のベビーカーブランドでした。

国内では株式会社ABCデザインが立ち上げられ、市場開拓が進むと思われましたが、やはりドイツ規格のサイズ感が受け入れられなかったのでしょうか、結構早々に撤退していた記憶があります。

そのABCデザインが、本国ドイツではなく、こっそり台湾マーケットのみで販売されているPupair(ポップエアー)』車種のみを国内で販売開始されています。

¥134,200 (2021/10/21 20:17:18時点 楽天市場調べ-詳細)
↑ クリックで付与されるポイント数をチェック
《 楽天で最安値&高ショップ評価のお店 》

目次

気になる特長

  • 最近流行りの超コンパクトで車のトランクに詰め込みやすいトラベルベビーカー
  • コンパクトタイプには割と広めのシート下かご容量(18リットル)
  • ハンドル高さは固定で116cmと超高い
  • 重量はそれなりの6.7kg(6kg以下だったら軽量と言ってよかったですが)
  • 生後一ヶ月から利用OK

それなりに優秀です。

ハンドル高さの116cmは背面式ベビーカーの中でも随一の高さ、、

カテゴリーとしてはよく似ている背の高いベビーカーの『Recaro Easylife』よりも更に10cm以上高いとは・・・

¥27,500 (2021/10/21 23:03:32時点 楽天市場調べ-詳細)
↑ クリックで付与されるポイント数をチェック
《 楽天で最安値&高ショップ評価のお店 》

東アジア向けに作られたと思われるこのベビーカー。
なぜにこんなにハンドルが高いのか?
そして、日本ではなぜこのモデルしか扱われていないのか?

不思議な点がいっぱいですが、男性が中心の育児においてはこの高すぎるハンドル位置が好都合の場合もありそうです。

一応、マークしておきました。

管理人
管理人パパ

CybexのMIOSといい、ここ3年ぐらいで世界の、国内のベビーカー市場のデザイン志向が中国・台湾マーケットよりになってきているように思います。これは明らかな流れでしょう。コンビのマーケティングも「もはや日本人よりも、日本人から支持されている!をブランドにした中国マーケット」を見ているような気すらします。

それだけ圧倒的なベビー需要なんだろうと思いますね。
少子化の日本だけ見ていたらメーカーも大変ですからね。

それを知った上で、どこの何を買うかが難しいのです。

あわせて読みたい
突如、日本市場から姿を消した「ABCデザイン」が背の高い背面式ベビーカーでこっそり復活 ABC Designはドイツ発のベビーカーブランドでした。 国内では株式会社ABCデザインが立ち上げられ、市場開拓が進むと思われましたが、やはりドイツ規格のサイズ感が受け...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

東京ベビーカーとは、2012年7月にめでたく第一子(2015年11月に第二子、2020年9月に第三子)を授かった40代パパが息抜きでたまに本気出して書く、パパ目線でのモノ選びを中心に紹介するブログ。国内・海外のベビーカーを100台以上押し比べた実績が評価されて、晋遊舎から出版の『ベビー用品完全ガイド』にも以前出演させていただきました。
» 欲しいものリスト

評価の高い定番のベビーカー

■ A型両対面式で探すなら

¥69,300 (2021/10/22 14:48:15時点 楽天市場調べ-詳細)
↑ クリックで付与されるポイント数をチェック
《 楽天で最安値&高ショップ評価のお店 》

走行性良く、シート下カゴの収容力も抜群でハンドルの高さ可変で夫婦の身長差を気にしなくて良い総合力の高さが自慢
メリオのレビュー記事を読む

■ B型背面式で探すなら

¥25,300 (2021/10/22 14:56:28時点 楽天市場調べ-詳細)
↑ クリックで付与されるポイント数をチェック
《 楽天で最安値&高ショップ評価のお店 》

折りたたむとコンパクトで、展開しても平均身長・小柄ママにも丁度良いサイズ感。狭い玄関などでも場所を取らないので外出時に「今日ベビーカー持っていく?」と悩んだりせず我が家は車に積みっぱなしにしている。トラベルシステムにも対応
リベルのレビュー記事を読む

目次
閉じる