メニュー
ページ
 ベビーカーのおすすめ商品 

ラ・フェンテ代官山編 babyhomeのEmotiomを見てきた

この記事は購入相談実績100件以上、100台以上のベビーカーを押し比べた管理人パパ(ベビーカージャーナリスト)がお届けしています。

Tokyo Mom Diary店舗内のbabyhome 「Emotion」の画像

今回も前回のラ・フェンテ代官山編 kiddy | キディに引き続き、3階 Tokyo Mom Diary(トウキョウマムダイアリー)の商品について。

写真はスペインのbabyhomeというメーカーの「Emotion」。
三輪バギー、エアバギー・ココのハンドリング性能を持ちながらもコンパクト!

たぶん、コンビやコンビが3輪バギー部門に進出するならこんな感じになるのではないでしょうか。

国内バギーメーカーのコンパクト性と海外ブランドならではのスタイリッシュさを併せ持つ、
なかなかおすすめできる奴でした。

ただ、僕の身長(181cm)からすると少し小さいかな。
でも妻には多分ジャストフィットです。

kiddyの後にこれを触っているので、多少感覚狂っていたと思います。
おそらくこれが純日本サイズ!

我が家も、半分こちらに気持ちが傾いたのですが、やはりはじめての子どもなもので、
あまり聞いたことのないメーカーの商品(巷のレビューの少ない)をわざわざ選ぶところまでいきませんでした。

けれども、真ん中でくの字に折りたたむ設計はエアバギーのそれと似ているし、
且つそれよりもコンパクトなので、チャレンジャーにはオススメできそうです。

ひとつ、取り回しは楽ですが、エアタイアでないぶん、段差には弱いかもしれません。

さて、お次はどこかな?


目次

おすすめのモデル

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

運営者情報

東京ベビーカーとは、2012年7月にめでたく第一子(2015年11月に第二子、2020年9月に第三子)を授かった40代パパが息抜きでたまに本気出して書く、パパ目線でのモノ選びを中心に紹介するブログ。国内・海外のベビーカーを100台以上押し比べた実績が評価されて、晋遊舎から出版の『ベビー用品完全ガイド』にも以前出演させていただきました。
» 誰に向けて書いているの?

目次