メニュー
ページ

しっかりB型ベビーカー市場では他社はエアバギーには勝てない!と思うから。

この記事は購入相談実績90件以上、100台以上のベビーカーを押し比べた管理人パパ(ベビーカージャーナリスト)がお届けしています。

本来はTwitterにでもつぶやいたほうがいいのかもと思ったけど、きっと今残しておくことに意味があると思ったから、自分用の備忘録として。

長男が産まれてから購入したエアバギー。

やっぱり、この右に出る操舵性・操作性・モノとしての満足感に勝るベビーカーはそうそう出るもんじゃない。

ここはシルバークロスレカロサイベックスバガブーbabyhomeなんかの海外メーカーがライバルになってくるんだけども、海外メーカーがもっとアジアマーケット重視でコンパクト志向になってくれば、そこを対抗候補にあげていいと思っている。

一方、軽いB型ベビーカー市場というのは寡占市場ではあるけども用途提案次第ではまだまだ可能性のあるマーケット。

ここは逆に、今後シェアエコノミーが活性化するにともなって、どこででも借りるといった流れが都会から生まれてくるんだろうけど、ベビーカーを借りるのって結構心理的にハードルが高い気がする。

それはまるで「オムツを人から借りるぐらいデリケートなモノ」として。

きっとこの分野はマザーリュックに車輪をつけたり、ジャイロセンサーで浮遊させたり、イノベーションがたくさん起こりやすい分野じゃないかなと思っている。

今後、ベビーカーは二輪が主軸になる。

私にはそう見える。

目安箱に投稿してみませんか?

当サイトでは真実のレビューにこだわって活動していますが、本当の使い勝手は実際に使っている方にお聞きできるのが一番だと考えています。

子どもを思う親の気持ち。それがしっかりとあなたの調査時間に現れていたと思います。
お疲れさまでした。

ベビーカー購入で迷われた点、決め手になった情報など是非後輩となるママ・パパのために教えていただけませんか?

特にマイナーなモデル、海外でしか販売されていないモデルを求めています。

管理人パパ
ベビーカージャーナリスト
東京ベビーカーとは、2012年7月にめでたく第一子(2015年11月に第二子、2020年9月に第三子)を授かった40代Web設計屋が息抜きでたまに本気出して書く、パパ目線でのモノ選びを中心に紹介するブログ。国内・海外のベビーカーを100台以上押し比べた実績が評価されて、晋遊舎から出版の『ベビー用品完全ガイド』にも出演。
東京ベビーカーDB

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる