世界のベビーカーを一挙にランキング

子乗せ電動アシスト自転車のおすすめランキング

子ども大好き!でも、ダサい自転車では様にならない。

パパの視点から選びたい子乗せ電動アシスト自転車を勝手にランキングしてみる。

お父さんの視点としては、

・あまりにもなママチャリ感は嫌だ

・軽快に走れるのがいい

・カラーリングは俺の意見も聞いて・・・

といった感じだろうか。

最後はやっぱり価格勝負だが、これはどこも似たり寄ったりで13万円~15万円とスクーター級のしろもの。

代表的なメーカーは下記の三社。

・ヤマハ(信頼のバイクメーカー)PAS 
安全に乗りたい
代表車種:PAS Babby、PAS Kiss

・ブリヂストン(信頼の自転車メーカー)
メカニックに乗りたい
代表車種:ビッケモブ、ハイディ ツー

・パナソニック(信頼のバッテリーメーカー<元SANYO>)
1回の充電で長距離乗りたい
代表車種:ギュットアニーズ、ギュットクルーム

ここに最近はもう一社、日本の自転車製造小売メーカーの『あさひ』がライセンスするルイガノが加わると、

・ルイガノ(カジュアル自転車メーカー)
おしゃれに乗りたい
代表車種:アセントシティ、アセントデラックス

と群雄割拠の様相を呈してくる。

時間がない人のために個人的な意見を一言でまとめると。

「無難なのはブリヂストン」である。

実際に各社のそれぞれのモデルも量販店で押し比べてきた。

そして、今、利用年数も2年ほどになってあらためて思うのは、「前輪のタイヤが大きいビッケグリやビッケモブは男らしくいられる生命線が保たれていて、走っていて満足感がある一方、駅前の駐輪場の車輪止めに(特に高いほうね!)持ち上げるのは前輪の口径が大きく重たいだけに男の私でも一苦労過ぎる!」だ。

そこだけが非常に残念なところ。

私の結論は自転車としての信頼性はブリヂストン。
充電回数多く長く使うことを考えるとパナソニックも検討。
コスパとママの身長次第ではヤマハを一番とする可能性も。

以下、個人目線に加えて価格.comやAmazonベストセラーの順位を交えたパパ目線のランキングを発表します。

細かいスペックは多少の違いがあれど、これらブランドの間でさほど差はありません。
最後は見た目が理想とするライフスタイルにしっくりくるかでしょうね。

1位 ブリヂストンのビッケ モブ(bikke MOB)

今買うならこちら。実際はGRIの改良版だと思っている。グリよりも足元が広く、フレームに足が引っ掛かりにくい。

2位 ブリヂストンのビッケ グリ(bikke GRI)

我が家のころはMOBが発売されていなかったのでこちら。 今買うならこちら。実際はGRIの改良版だと思っている。グリよりも足元が広く、フレームに足が引っ掛かりにくい。

3位 ブリヂストンのビッケ ポーラー

子どもが小さくて(乳児)抱っこ紐と合わせての移動に◎
ママの駐輪しやすさ最優先ならこちら一択だろう。

4位 パナソニックのギュット・クルーム

パパはちょっと恥ずかしい前乗せタイプ。
しかし、駅から自宅が遠く、自転車での移動が子どもとの世界のすべてである場合は小さい頃からお出かけの範囲が広がる楽しみがある。

気晴らしできる分、割り切ろう。

5位 ヤマハのPAS Babby un

信頼のヤマハ。
このPAS Babby unはリアチャイルドシートが付いて実売125,000円程度とコスパが高い。

重心が低く、幅広のタイヤなので走行安定性は夫婦で共有するものと考えるとママ想いのパパは選ばずにはいられなくなる。

以上。
随時更新予定。

大きな買い物。
最後はメーカーのサポートに電話して、その応対で判断しても良いと思います。