世界のベビーカーを一挙にランキング

健康志向な子どものおやつランキング

《このページは3分で読み切れます。》

親がおやつ選びで気を付けたい視点は3つ

  1. 素材がいいこと(できれば減農薬や有機栽培)
  2. 生産者の想いが感じられること
  3. 価格に無理がないこと

この3つがしっかりしていれば、口にしたとき、からだに入れたとき、すっと心も和やかな表情に落ち着くのではないかと思っている。

せがまれてしょうがなくあたえるお菓子ではなく、親子で一緒に過ごす時間を楽しくする「おやつ」である。

少しずつ増やしていくので、おすすめがあればぜひ教えてもらいたいとも思っている。

1位:アリモトの玄米このは煎餅

あまり多くを語りたくありませんが、一度食べたら止まりません。
クセの無い味の自然な美味さがクセになりそうです。

国産の有機玄米100%を使用した、普通のお煎餅です。

価格280円(税込)
原材料有機玄米(国産)、黒ゴマ、米油、ゴマ油、塩
URL http://www.ippuku.com/?mode=cate&cbid=2163469&csid=0

2位:アリモトの有機玄米セラピー

一日一回は玄米食習慣がコンセプト。
30gの小さ目なパッケージは子どもが外出先で食べきるにはちょうど良い大きさ。

幼児さんまでなら多少の腹持ちも期待できるので、外出先でいつもおだやかでいて欲しい場合にむやみに血糖値をあげずに済ませられるかも。

価格129円(税込)
原材料有機玄米(国産)、黒ゴマ、米油、ゴマ油、塩
URL http://www.ippuku.com/?mode=cate&csid=0&cbid=2163468

有機玄米セラピー素焼き(30g)【アリモト】

3位:木頭村のおからクッキー

おからはカロリーが低いのに、食物繊維・タンパク質・カルシウムなど栄養成分が豊富。動脈硬化予防や美容にも良いというのでこれは親子で食べるおやつにぴったりだと思った。

「これ、クッキーじゃなくて、カンパンじゃないですか??」というぐらいの固めの歯ごたえが食べる意欲を試させる。習い事から帰ってきた後、ちょっと待ってもらう間のつなぎとしてや、大人が一食抜くためのダイエットフーズとしても◎

価格389円(税別)
原材料小麦(九州)、鶏卵(非遺伝子組換PHF飼料)、おから大豆(九州/非遺伝子組換)、菜種油(圧搾法一番しぼり:石橋製油)、粗製糖(種子島)、柚子(木頭)、黒ごま(九州)やまもも(徳島)
URLhttp://www.kitomura.jp/siyosyo/okaracky.html

4位:九鬼の黒ごまラテ

「ちょっとパパ、ママ、コーヒー飲みすぎじゃない?」
朝からそんなにエンジンかけてどこへ行くのか・・・

コーヒーを飲むことが習慣になっており、おだやかに考え事や本も読めないほどに遠くのやらないいけないことで頭が一杯になってしまっている。

それは私だ。。

そんな自分を振り返って探してみたコーヒーに代わるマイルドなアイテム。

食物繊維・カルシウム・鉄分たっぷりでママにも嬉しい。

価格370円(税別)
原材料小麦(九州)、鶏卵(非遺伝子組換PHF飼料)、おから大豆(九州/非遺伝子組換)、菜種油(圧搾法一番しぼり:石橋製油)、粗製糖(種子島)、柚子(木頭)、黒ごま(九州)やまもも(徳島)
URLhttp://www.kuki-info.co.jp/cgi-bin/products/detail.php?id=109

5位:HEY YUM!(ヘイヤム)のオーガニックグミ

HEY YUM!はデンマーク発のブランドで、オーガニック・グミキャンディを販売している。

人工着色料や保存料まみれのグミが多い市場の中で、『欧州BIO認証を取得したフルーツや蜂蜜など、こだわりの自然由来素材を使っている』 のがその特徴 。

ヨーロッパのセレクトショップから人気に火が付き、最近では日本でも買えるお店がちらほらとでてきている。

価格550円(税別)
原材料グルコースシロップ(小麦を含む)、ビート糖、ゼラチン(豚を含む)、蜂蜜、濃縮果汁(リンゴ、レモン、エルダーベリー、ラズベリー、カシス)、ウコンエキス、スピルリナエキス、菜種油、ヤシの葉オイル、ひまわり油、酸味料(クエン酸)、香料(オレンジ由来)
URLhttp://olivon.jp/heyyum.html