100台を押し比べたパパの総合ランキング »

ベビーカー購入予算別の【選び方・選べるリスト】

最近、私がまとめているベストベビーカーランキングが良く売れているようです。
おそらく、5万円以下で買うベビーカー・ランキングを追加公開したからでしょう。

それで、今日はそのエッセンスの一部を紹介といいますか、
予算別にベビーカー選びのポイントをまとめておこうと思いました。

何度か書き直すかもしれません。
ざっくりいきます。ザックリと。

~1万円以下で探す

多くはバギータイプで剛性は低く、ちゃっちい。
トイザらスや量販店のセカンドベビーカーに多い。
それ以外ではAmazonで販売されている怪しい中華系メーカーのものなど。

管理人
管理人

ファーストベビーカーをこの価格帯で買うのはオススメしません。どうせ、すぐ壊れます。

1万円~4万円以下で探す

この価格帯からいよいよちゃんとしたベビーカーを選べるようになります。
軽量で両対面式のモデルだってちらほら。
セカンドベビーカーならしっかりとした人気のモデルも満足に手に入れられます。

管理人
管理人

この価格帯での狙い目は、国内メーカーの高級モデルの「型落ち品」です。国内メーカーの型番商品は在庫が歳を重ねるごとに1万円ずつ下がっていきます。(簿価の評価減)

¥35,200 (2021/07/26 22:46:11時点 楽天市場調べ-詳細)
最安値店( ショップレビュー評価済み)
¥43,780 (2021/07/27 20:07:42時点 楽天市場調べ-詳細)
最安値店( ショップレビュー評価済み)
¥25,300 (2021/07/27 09:23:10時点 楽天市場調べ-詳細)
最安値店( ショップレビュー評価済み)

4万円~5万円以下で探す

私が考える「背伸びしないで必要十分な機能のベビーカーを手に入れられる」ゾーンです。
個人的にこの価格帯の予算で、できればちゃんとしたものを買って長く使うというのがオススメです。

管理人
管理人

この価格帯での狙い目は、国内メーカーの高級モデルの「型落ち品」です。国内メーカーの型番商品は在庫が歳を重ねるごとに1万円ずつ下がっていきます。(簿価の評価減)

5万円以上で探す

この価格帯になってくると、高級ベビーカーと呼ばれるモデルも(型落ちで)視野に入ってきます。
また、ファーストベビーカーとセカンドベビーカーをはじめから準備しておくような二台持ちによるお出かけ環境の最適化も図れるように。

ただ、ベビーカー選びは「ランドセル選び」にも似ているところがあります。
誰もわからないような細かな見た目にこだわるよりも、本当に自分を助けてくれる走行性の良いベビーカーを選びたいところです。

結局、押しているママ・パパのストレスが少なくて、いつも笑顔でいてくれることが子どもにとって一番!
予算はあっても肩肘張らず、気楽にいきましょう。

その他のベビーカー・カテゴリー別ランキングは下記のnote記事にまとめてあります。

【最新版】ベビーカーのベスト&ワースト ランキング

管理人
管理人

予算が上がるとメリットは「質感の向上(ファブリック生地が上質やハンドルがレザーなど)」「耐用年数の向上(耐荷重が大きく長く乗れる)」が大きいところ。
しかしその分、下位クラスのベビーカーと比べて「重量が上がってしまっている」ものも多いので、予算がふんだんにありすぎるがゆえに失敗してしまわないように注意しましょう。

持てる重さの範囲内で上質を、他との違いを求めていけば良いのです。

¥69,300 (2021/07/27 11:38:06時点 楽天市場調べ-詳細)
最安値店( ショップレビュー評価済み)

ここまで読んで「やっぱ良くわからない!」「全部を見極める時間がない!」となったら

下記の占い?(笑)もご検討ください。

3台提案しますので、それをヒントに絞り込んでください。

あなたにピッタリなベビーカーを提案します
【ベビーカー相談室】ベビーカー探しをお手伝いします
error: