自然栽培と宅配野菜 『えと菜園』

コトモファームの自然菜園

こんにちは。

パパです。

妻・子どもたちに安全な野菜を食べさせたいです。

安全というのは、放射能検査がきちんとされており、かつ栄養も確かにあり、愛情を持ってのびのび育てられたエネルギーの高い野菜のことを言いたいです。

やっぱり、生産者の心も大切。

そういったことを考えると、インターネットだけを駆使して、野菜の宅配業者を決めるのってとんでもなく難しいですね。
ウェブサイトを作ったり、ディレクションを仕事にしている私自身がそう感じるので、ウェブ業界のお仕事していないひとはもっとでしょう。

そんな中、「じゃあ、その判断の難しい宅配野菜業者さんをどのように見極めるのか?」を考える時、「やっぱり、見てくるしかないんじゃない?」を提案するしかないわけです。

自分の場合は、図書館で『ホームレス農園』という本をたまたま借りてきたこともあって、興味を持ち、この『えと菜園』を知ることができました。

詳しくは本を読んでください。

自然栽培を、就農の在り方を仕組みから真剣に考える小島さんの素朴さに惹かれます。

実際に読んだら、気になったわけで。

昨年の夏、家族を連れて藤沢市にある彼女の体験農園(コトモファーム)まで見学に行ってきました。

「えっ、こんな雑草まみれの畑で育ててるの・・・?」と一瞬どこが畑かよくわからないような場所。

でも、これこそがまさに自然、そしてエネルギーある食材が生まれてくる場所なのかもな、と感じたわけです。

とのさまバッタのでかいことったら。。

自然栽培の農園で殿様バッタ捕獲!

それで、本の著者である小島 希世子さんの地元熊本で農家ネットワークを形成し、そこから農家直送で全国各地に自然未溢れる野菜や農作物を届けているオンラインショップが『えと菜園』というわけで、放射能検査もきちんとしているし、ここまで来てはじめて少し信じられるかなという気がします。

えと菜園オンラインショップ
http://eto-na-en.shop-pro.jp/

オンラインショップは流石に大手のようにはいきません。
野菜の種類も少ないし、スーパーのようなものを想像すると全然使えません。

価格も割と高めだし、
なにかもっと、使い勝手なんとかならんものかい、、
とは思うものの、それをやっていくと、どうしてもここまでピュアなものにはならないのでしょう。

宅配野菜大手で有名なあのX社も、そこと取引関係のあった店舗の店長から聞いた話ではかなりハッとするような残念なことになってましたし…
ちなみにO社ではありません。

安全な『食』を手に入れるためのレポートを今後も少し書いていきます。

吉祥寺のグルッペや野口の種なんかもね。

それでは。