メニュー
ページ

サイベックスから超コンパクトベビーカー『Libelle(リベレ)』が新登場

サイベックスから超コンパクトベビーカー『Libelle(リベレ)』が新登場

この記事は購入相談実績90件以上、100台以上のベビーカーを押し比べた管理人パパ(ベビーカージャーナリスト)がお届けしています。

gb ポキット+の双子の兄弟。でもやっぱり「サイベックス」ブランドから出たら、そちらが欲しくなってしまう人に。

海外のサイベックス公式サイトにて、ベビーカーに新ラインナップが加わったとアナウンスがありました。

その名は「リベル(リベレ)」。※リベレはトンボという意味
Cybexブランドの中で最小サイズを誇るモデルの登場です。

※2020年9月30日発売(国内での展開予定未定)

価格€199.95 + 税
対象生後6ヶ月〜体重22kg(または4歳まで)
重量5.9kg
横幅52cm
ハンドル高102cm
公式サイトhttps://cybex-online.com/en-en/strollers/libelle
目次

気になる特徴

  • 世界最小サイズ(機内持ち込み手荷物サイズ)
  • 重量 5.9kg(重くはないが、軽くもない)
  • 対象月齢は生後6ヶ月から体重22kg(約4歳)までOK
  • トラベルシステムに対応(ただしCYBEXまたはgbのチャイルドシートのみ)

でも、この特長・・・

どこかで聞いたことがあるような・・・

と気づいた人は、かなりのベビーカー通。

そうです!

これはサイベックスの親会社である中国の「GoodBabyホールディングス」から発売されているgbブランドのポキット+モデルとほぼ見ためが同じです。

こちらのモデル↓

POCKIT+ ALL-CITY | gb Stroller
http://gb-online.com/en-us/strollers/pockit-plus-all-city/

私は何度かこのブログの中で書いていますが、ドイツ発祥のサイベックスは何年も前にブランドを中国企業(GoodBaby社)に買われており、サイベックスの技術力は親会社のブランド(gb)へ引き継がれていっています

サイベックスというブランドの実態について、それが良いとか、悪いとかを明言しませんが、「エンジニアド by ドイツ」を売り物にした中国企業による世界市場に打って出る足がかりをつくるためのものになっているのだと思われます。

国としても中国人デザイナー、設計者を育てていくような意気込みを感じます。
ヨーロッパに追い付け、追い越せではなく、いや、、ヨーロッパのブランドを買って、一見ヨーロッパのブランドとして世界市場で戦おうという巧さを感じます。

管理人パパ
管理人パパ

設計力はあっても価格競争力を持てないドイツ企業」と「価格競争力はあっても世界に認められるほどの設計力(ブランド)を持たない中国企業」の両者が融合すれば、良いとこ取りができ、『デザインの良い製品を価格競争力のあるプライスで世界市場に打って出られる』のは明白ですね。

RISU
RISU

将来、「サイベックスでチーフデザイナー」を務めたという肩書をぶら下げた優秀な中国人デザイナーが、第二・第三のポスト・サイベックスブランドを国内で立ち上げる日も遠くない気がします!

ちなみに、

国内ではgb pockitがAmazonでまずまずの売れ行きを記録しているようなので、あえてCybexブランドとしても同じスペックのものを異なるブランドで販売するかは私も読めていないところです。

発売されたらやはり「サイベックス」ブランド商品として、こちらを選ぶ人が増えそうな予感。。

国内で販売されるなら、販売価格は3万円台前半あたりになるでしょうね。

こんな人におすすめ

個人的にはこの限られた機能性を考えると、ファーストベビーカー(1台目)として選ぶべき理由はありません。

あくまでも旅行・出張用に、サブとして持っておくのが良さそうです。
「この大きさでなければいけない。」理由を合理的な理由の元で見つけられた人のみ買う価値があると言えるからです。

  • 車(ポルシェなどのスポーツカー)のラッゲージスペースが小さいけれど、どうしてもベビーカーは必要な人
  • 飛行機での出張が多く、コンパクトなものが良いが、サスペンションも抜かり無くしっかりしたものが欲しい
  • 出先にベビーカーを持ってきていることを悟られたくない・または隠しておきたい人
  • 理由があって、会社のロッカーにもベビーカーを一台据え置いておきたい人
  • 軽量B型バギーでも多少背もたれはリクライニングして欲しい人
  • ベビーカーを自転車に乗せて移動しなければ”ならない”人

特に最後の理由は、意外に該当する人は多いと思っています。

「自宅から、自転車で駅まで。帰りも駅からは自転車で。」という毎日に四苦八苦している人には、自転車に乗りながらも子どもと一緒の移動叶えてくれる恩恵は計り知れないものがありそうです。

以上です。
また続報をお待ち下さい。

追記:2020/10/20 発売発表がありました!

¥25,300 (2022/01/28 17:34:48時点 楽天市場調べ-詳細)

サイベックスの最安値·安心の購入術

ここがポイント

  • 店舗での購入は公式サイトの『取扱店舗検索』にて住所を入力して最寄りのお店を探せばいい。2021年10月時点では直営店は表参道のフラッグシップストアのみである
  • 通販サイトは主に3タイプある。公式ストアAmazon内の公式ブランドストアおよび楽天市場の各小売販売店である
  • 公式ストアは定価販売。Amazonが最安値になるケースはプライムデーやブラックフライデー、サイバーマンデーといったごく限られた期間イベント的に値下がりする場合のみ。通常は楽天市場内の下記テナントが最安値を付けることが多い

下記はいずれもショップレビュー検査済み店舗です。

私がお得&安全と考えるショップ

※『NetBabyWorld(ネットベビー)』という販売店の運営元は楽天自身です(2016年の爽快ドラッグ買収によりグループ傘下に)

gb(ジービー/グッドベビー)の最安値·安心の購入術

ここがポイント

  • 中国のベビー用品メーカー。一人っ子政策撤廃後の中国国内で高いシェアと成長を誇る会社のブランド。かつては売上高の70%をOEM事業が占める下請け型企業だったが、2014年、OEM供給先だったCYBEXとEvenfloという名だたる欧米のベビーブランドを買収し、自社ブランドへの組み込みに成功。買収先のデザインチームの影響か、品質・デザインともに向上し、日本のメーカーを追い抜く勢いを感じさせる
  • 同ブランドの代表的なモデル商品は、[gb] ポキットシリーズ。上述のとおり、サイベックスを買収、そしてそのセカンドラインのCBXも取り込んでおり、最廉価ゾーンを担うのが同ブランドの役割かと思う
  • 日本に公式サイトはなく、グローバルブランドサイトにてラインナップを確認できる(「POCKIT」と「QBIT」の二機種)
  • 国内で販売されているモデルは『gb POCKIT』モデルのみ。直営店はなく、実際に押して試せる店舗に正規販売代理店のダッドウェイがある
  • ネット通販は下記の楽天テナントまたはAmazonがある

下記はいずれもショップレビュー検査済み店舗です。

私がお得&安全と考えるショップ

目安箱に投稿してみませんか?

当サイトでは真実のレビューにこだわって活動していますが、本当の使い勝手は実際に使っている方にお聞きできるのが一番だと考えています。

子どもを思う親の気持ち。それがしっかりとあなたの調査時間に現れていたと思います。
お疲れさまでした。

ベビーカー購入で迷われた点、決め手になった情報など是非後輩となるママ・パパのために教えていただけませんか?

特にマイナーなモデル、海外でしか販売されていないモデルを求めています。

管理人パパ
ベビーカージャーナリスト
東京ベビーカーとは、2012年7月にめでたく第一子(2015年11月に第二子、2020年9月に第三子)を授かった40代Web設計屋が息抜きでたまに本気出して書く、パパ目線でのモノ選びを中心に紹介するブログ。国内・海外のベビーカーを100台以上押し比べた実績が評価されて、晋遊舎から出版の『ベビー用品完全ガイド』にも出演。
サイベックスから超コンパクトベビーカー『Libelle(リベレ)』が新登場

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる