100台を押し比べたパパの総合評価 »

「三人目が生まれたら?」近くて遠いトイレ問題を考える

ベビーカーの話題とはちょっと異なるが、第三子が誕生したら、想定外のシチュエーションが起きることも多そうなので、今のうちにイメージトレーニングをしておかねばと考えた。

以下、「何の話や!」とほとんどの人には関係ないと思うが、書きながら頭の整理につかっているので、参考になりそうな人にだけ伝われば嬉しい。

今回は子どもと親のトイレ問題(多目的トイレ)から考えたい。

この記事で紹介する家族構成モデル例:

わたし?歳
第一子7歳
第二子4歳
第三子1歳

「子どもがトイレ!」の場合

ママと長男、次男のケース

長男のみトイレ

GPSスマートタグを付けていれば一人で行かせることも。心配で付きそう場合は、次男を放ってはおけないので次男も連れてトイレへ行き、二人で前で待つ。

その時、わたしは?
ベビーカーの第三子と次男と一緒にトイレの前で長男を待つ

次男のみトイレ

小便器はまだ高すぎるため、男性用トイレの個室大便器まで長男に付き添ってもらう。長男が嫌がった場合は、第三子を長男に任せて見てもらい、次男と一緒に多目的トイレに入るか、次男が3歳ぐらいまでであれば一緒に女性用トイレに連れて入り用を足させる。

その時、わたしは?
トイレ前で待つか、ベビーカーの第三子と一緒に多目的トイレにイン。

長男次男が同時にトイレ

この場合は、長男に次男のケアも含めて預けられれば預けたい。年子などで、そこまで弟をお世話する意識が芽生えていない場合は、ママが次男とベビーカーの第三子と一緒に多目的トイレを利用する。

その時、わたしは?
トイレ前で待つか、ベビーカーの第三子と一緒に多目的トイレにイン。


ママと長男、次女のケース

長男のみトイレ

GPSスマートタグを付けていれば一人で行かせることも。心配で付きそう場合は、次女を放ってはおけないので次女も連れてトイレへ行き、二人で前で待つ。

その時、わたしは?
ベビーカーの第三子と次女と一緒にトイレの前で長男を待つ

次女のみトイレ

ママは次女といっしょにトイレに行き、3歳以上なら個室で一人で用を足させる。3歳未満や3歳以上でも一人でトイレが不安な子の場合は、多目的トイレにベビーカーと一緒に入ってお世話して用を足させる。ベビーカーの第三子は長男にみてもらう。

その時、わたしは?
トイレ前で待つか、ベビーカーの第三子と一緒に多目的トイレにイン。

長男次女が同時にトイレ

この場合は、長男を男子トイレに一人で行かせて、次女は個室トイレで一人でか、または多目的トイレにママと第三子もベビーカーごと入ってお世話する。

その時、わたしは?
トイレ前で待つか、ベビーカーの第三子と一緒に多目的トイレにイン。


ママと長女、次男のケース

長女のみトイレ

GPSスマートタグを付けていれば一人で行かせることも。心配で付きそう場合は、次男を放ってはおけないので次男も連れてトイレへ行き、二人で前で待つ。

その時、わたしは?
ベビーカーの第三子と次男と一緒にトイレの前で長女を待つ

次男のみトイレ

小便器はまだ高すぎるため、男性用トイレの個室大便器を利用させたいが一人では難しい場合も。その時は、第三子を長女に任せて見てもらい、次男と一緒に多目的トイレに入るか、次男が3歳ぐらいまでであれば一緒に女性用トイレに連れて入り用を足させる。

その時、わたしは?
トイレ前で待つか、ベビーカーの第三子と一緒に多目的トイレにイン。

長女次男が同時にトイレ

長女は一人で心配なし。ママは次男が一人で用を足せなければベビーカーの第三子と一緒に多目的トイレを利用する。

その時、わたしは?
トイレ前で待つか、ベビーカーの第三子と一緒に多目的トイレにイン。


ママと長女、次女のケース

長女のみトイレ

GPSスマートタグを付けていれば一人で行かせることも。心配で付きそう場合は、次女を放ってはおけないので次男も連れてトイレへ行き、二人で前で待つ。

その時、わたしは?
ベビーカーの第三子と次男と一緒にトイレの前で長女を待つ

次女のみトイレ

次女が一人で難しそうであれば長女にお世話をお願いするか、第三子を長女に任せて見てもらい、次女と一緒に女子トイレに入る。多目的トイレを利用する場合は、長女をトイレ前で待たせておいて、次女と一緒に入る。

その時、わたしは?
トイレ前で待つか、ベビーカーの第三子と一緒に多目的トイレにイン。

長女次女が同時にトイレ

長女は一人で心配なし。ママは次女が一人で用を足せなければベビーカーの第三子と一緒に多目的トイレを利用するか女子トイレの個室に一緒に入る。

その時、わたしは?
トイレ前で待つか、ベビーカーの第三子と一緒に多目的トイレにイン。


「ママがトイレ!」の場合

この場合は、子どもたちを置いて私だけトイレにいかねばならない。
空いていればいいけれど、たいてい女子トイレは混雑しているもの。

耐えられればいいけれど、他に空いているトイレがなければいくら長蛇の列をなしていても並び続けなければならないはず。

そんな時、子どもはどこで、何をして待たしていれば安全・安心だろうか?

私は、こういう時に「ベビーカーがベンチになって赤ちゃん+子ども2人座れるような機能があればいいな」と心から思うけれど、まぁ、いまはそれを望んでみても仕方がないことなので、ありえる方法を考えるとすると答えは、

トイレの前で待たせておくのみ。ということになる。

ただし、ちゃんと待っていてくれているだろうか?
長男はベビーカーの第三子を見てくれているだろうか?
赤ちゃんは泣いていないだろうか?

子どもたちがバラバラにはぐれて、誰かに誘拐されてないか・・・
想像力豊かな人ほど悩ましく感じるかもしれない。

そして特に問題なのが、

デパートでよくある男女トイレが隣り合わせになっていない男女で階をずらした造りのものだ!

これが結構困る。
子どもの見守りという意味では、階が異なるだけでベビーカーを持ち上げて移動しないといけなかったり、子と距離が離れがちになったりでなにかと大変。

トイレがいくらバリアフリーでも、こういうのは全然考えられていないらしい。

自分がどうしてもトイレに駆け込みたくなった場合、第三子がいればベビーカーもろとも一緒に多目的トイレに入ってしまうか、第一子に見張りを任せて一人用を足しにいくだろう。

その時、やっぱり不安だよな。

そんな時に、せめてリスクを最小限に抑えられるように、みまもりGPSやスマートタグ(紛失防止タグ)を子どもに持たせるか、ベビーカーに付けておくことを検討中。。

GPS

スマートタグ

管理人
管理人

居なくなって自分から大きく離れていたら通知が来るのと、近くまで寄れたら音が鳴らせるの便利やな・・・

トレイは子どもの数によらずパパも大変

もちろんママは大変な思いでトイレマネージメントをされているでしょう。
育児熱心なパパも結構辛いことがあるのも知っておいてもらいたいです。

例えば、

子どもが1歳少しで、まだ立てないかヨチヨチの頃。

パパが猛烈に小便の用を足したいとします。

「で、どうします?」

子ども(1)をトイレの前で待たせておけます?

① ベビーカーに乗せたままで?

② それとも、抱っこひもに包んだままで自分は用を足しましょうか?

③ それとも、子どもを肩車しながら小便器で用を足しましょうか?

④ それとも、大便器の個室で座って用を足しながら膝上に子どもを抱えていましょうか?


私はどれもチャレンジしたことがありますが、③と④はテクニックが必要です。

③ではどうやってチャックを閉められましょうか?
やっぱり、一瞬両手が必要で子どもから手を離したら危ない!

④は、用を足した後、どうやって抱えながらズボンあげたらいいんやろ・・・
便座を締めて、その上に子どもを靴を脱がせて立たせて、自分はズボンを上げて、ベルトを締めて、チャックを閉めて、また子どもを抱えて靴を履かせるという手数が必要です。

やっぱり、一番ストレートで易しいのは、

「ベビーカーに乗せたまま多目的トイレを利用する」ですよ。

ただ、やっぱり

多目的トイレは意外に混んでいたり、

そもそも、公園やコンビニなど簡易トイレしかない施設にはなかったりと、

使えないケースも多いのですよね。

やっぱり、このトイレへの不安があると、それをわかっていると、親子での遠出はレベルが高いなと感じるようになると思うのだと思います。

時代は少子化真っ只中で、

多目的トイレが今後増えていくのかわかりませんが、

個人的には、清掃管理人さんが大変になるでしょうが小便器を減らして、ややゆとりのある『個室大便器』を増やしてもらえるとありがたいと思っています。

トイレが「いい感じ」なのかは、小さな子どもの居る家庭は意外と見ていますよ。