メニュー
ページ

「ベビーカー連れで失禁しそうになったアナタへ」Google地図がベビーカー対応のトイレ表示をリリース予定!

「ベビーカー連れで失禁しそうになったアナタへ」Google地図がベビーカー対応のトイレ表示をリリース予定!

この記事は購入相談実績90件以上、100台以上のベビーカーを押し比べた管理人パパ(ベビーカージャーナリスト)がお届けしています。

いつだったかな?

まだ長男も次男も小さかった時、私と息子とで出かけた先で危うく失禁しそうになったことがある。

というのは、

街はベビーカーを連れたまま入れるトイレの数が限られているからだ。

それが用意されている施設ならまだいい。

はなからない場所だってざらにある。

そういったところでは、「息子を抱えながら用を足す」ことだってありえる。

たまにしか育児にかかわらないパパが居て、一度でもこういったトラブルを経験したとしたら、電車に乗って移動させるママをみて心の底から敬意を抱くだろう。

男の「小」では肩車をしながら、

男の「大」では器用に抱えながらや、おんぶをしながら。

「どうやって拭けばいんだーーー!ヘルプ!!」と一人(二人?)、トイレの中で苦悶したことは何度かあったように思う。

そんな事情であるから、こんな事故が起きても仕方ないだろうなと共感した。

【海外発!Breaking News】ベビーカー使用の母親、障がい者用トイレに入れず失禁 屈辱で怒り露わに(英)
https://news.livedoor.com/article/detail/13781231/

たいがいの親は、周りに迷惑をかけたくないと最善の注意を払いながら生きている。

子どもたちを優先させながら、自分は後回しになることだってある。

ママが、息子をトイレに連れていきたくて、
でも女子トイレは長蛇の列で、
「よかったら男性トイレ、見張っておくので使いますか?」と見かねて声をかけた時もある。

僕も、子供が小さいうちのトイレ事情がこんなにも窮屈なんて子なしのときには思いもしなかった。

目次

人の情けよりも技術が解決してくれるか?

人に善意を期待するのはなかなか疲れる。
本当は忖度?して欲しい気もするけれども、いろんな事情があってトイレに入る人もいるだろうから、まさか「うちの子どもを優先してくれ」なんて言えるわけがない。

そして、先日Googleから「地図アプリにベビーカーが入れるトイレに車椅子マーク付けまっせ」というアナウンスがなされた。

Goolgeマップが車椅子やベビーカーで利用できるトイレや施設の表示を追加 | TechCrunch Japan
https://jp.techcrunch.com/2020/05/22/2020-05-21-google-highlights-accessible-locations-with-new-maps-feature/

残念なことに、私のGoogleアカウントでまだそれを確認できていないけれど、近いうちきっと沢山の人に使われることを願っている。

トイレが気持ちよかったお店を皆で評価しよう。
真摯なレビューが、きっとそれを支えてくれると思うから。

変な話だけど、「トイレが気持ちよかったレストラン ベスト10」なんてものも大きな注目を集める日が来るかもしれないよ。

目安箱に投稿してみませんか?

当サイトでは真実のレビューにこだわって活動していますが、本当の使い勝手は実際に使っている方にお聞きできるのが一番だと考えています。

子どもを思う親の気持ち。それがしっかりとあなたの調査時間に現れていたと思います。
お疲れさまでした。

ベビーカー購入で迷われた点、決め手になった情報など是非後輩となるママ・パパのために教えていただけませんか?

特にマイナーなモデル、海外でしか販売されていないモデルを求めています。

管理人パパ
ベビーカージャーナリスト
東京ベビーカーとは、2012年7月にめでたく第一子(2015年11月に第二子、2020年9月に第三子)を授かった40代Web設計屋が息抜きでたまに本気出して書く、パパ目線でのモノ選びを中心に紹介するブログ。国内・海外のベビーカーを100台以上押し比べた実績が評価されて、晋遊舎から出版の『ベビー用品完全ガイド』にも出演。
「ベビーカー連れで失禁しそうになったアナタへ」Google地図がベビーカー対応のトイレ表示をリリース予定!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる