メニュー
ページ

3分解説「えっ!日本だけ?」A型・B型・AB型のナゾを理解する

この記事は100台ベビーカーを押し比べた管理人パパがお届けしています。

時間のない人、要点だけササっと知りたい人のために3分で解説します。

目次

ポイントは3つ

  • 日本独自基準であること
  • それぞれの特徴は?
  • 最後に注意点

1)「マジで!」日本独自基準なり

SGマークを発行している団体が作りました。
海外製ベビーカーには適用されません。
詳しい基準内容はこちらにあります。

委員メンバーは、日本育児、ピジョン、コンビ、エアバギー、カトージ、アップリカという日本のベビーカーメーカーから満遍なく構成されていました。

ということは?


2)「どこを読んでも分かりにくいぞ!」それぞれの特徴は?

A形生後1ヶ月から最長で48ヶ月(4歳)まで
シートは150度以上倒れるもの=寝んねできる。
B形生後7ヶ月から最長で48ヶ月(4歳)まで

つまり、

A型=ほぼ新生児から使えるように水平リクライニングできるもの
B型=腰が据わって以降から使えるもの

という緩い基準しかありません。

重さやサイズ、両対面式とかは意外にも関係ありません。

では、「AB形っていうのも聞くけど?」ですが、同SG基準は改訂を繰り返しており、現在の基準ではA形に含まれて分類されています

最近の人気は、生後1ヶ月から長く使えるA形ですが、「そんな小さいうちは外出を控えたい」と心配の方や「抱っこ紐で生後6ヶ月まではいける」と体力自慢の方は、生後7か月ごろまでベビーカーを買わずに、いきなりB形を購入というケースも多いと聞きます。


3)「勝手に鎖国しないで!」最後に注意点を

個人的にこのA・B・AB形という基準、「必要かな~?」と思ってしまいます。

だって、

  1. 海外ブランドのベビーカーはこの基準を満たさない
  2. できないのはなく、日本用にわざわざ作らない
  3. するとA・B・AB形で比較するリストに入らない
  4. 国内メーカーのものだけで独占されてしまう
  5. 結果、秀逸な海外製ベビーカーの情報が埋もれてしまう

と思うから。

ということで、ベビーカーを選ぶ際は、A形(AB形)・B形を基準に探すのは止めたほうがいいでしょう。

海外ブランドのベビーカーの安全性は、それぞれの国で認められた基準がありますし、日本でも有名なモデルはそれらの国で安全性を認められたものが多いです。

逆に言うと、それだけ性能面で世界に受け入れられているものだからこそ、日本でも代理店として手を挙げるところがあるのであり、世界一品質にうるさい日本でそこを心配しすぎる必要はないかと思っています。

規格を知っている日本のメーカーだって、リコールを起こすことがあるし市場活動のルールを破ってしまうことがあるのですから。

メーカーの姿勢(ブランド)が今の時代はなんにもまして大事だと思います。

その点は、GMPインターナショナル(エアバギー)はリコールを一度も起こしていないのは凄いのかもしれません。

また用語集のページつくります。

注目の両対面式ベビーカー

¥69,300 (2021/10/18 14:46:38時点 楽天市場調べ-詳細)
↑ クリックで付与されるポイント数をチェック
《 楽天で最安値&高ショップ評価のお店 》
¥69,300 (2021/10/18 14:46:38時点 楽天市場調べ-詳細)
↑ クリックで付与されるポイント数をチェック
《 楽天で最安値&高ショップ評価のお店 》

走行性良く、シート下カゴの収容力も抜群でハンドルの高さ可変で夫婦の身長差を気にしなくて良い総合力の高さが自慢。
メリオのレビュー記事はこちら >>

注目のB型ベビーカー

¥25,300 (2021/10/18 14:52:13時点 楽天市場調べ-詳細)
↑ クリックで付与されるポイント数をチェック
《 楽天で最安値&高ショップ評価のお店 》
¥25,300 (2021/10/18 14:51:12時点 楽天市場調べ-詳細)
↑ クリックで付与されるポイント数をチェック
《 楽天で最安値&高ショップ評価のお店 》

折りたたむとコンパクトで、展開しても平均身長・小柄ママにも丁度良いサイズ感。走行性も良い方。狭い玄関などでも場所を取らないので外出時に「今日ベビーカー持っていく?」と悩んだりせず我が家は車に積みっぱなしにしている。
リベルのレビュー記事はこちら >>

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

東京ベビーカーとは、2012年7月にめでたく第一子(2015年11月に第二子、2020年9月に第三子)を授かった40代パパが息抜きでたまに本気出して書く、パパ目線でのモノ選びを中心に紹介するブログ。国内・海外のベビーカーを100台以上押し比べた実績が評価されて、晋遊舎から出版の『ベビー用品完全ガイド』にも以前出演させていただきました。
» 欲しいものリスト

目次
閉じる