世界のベビーカーを一挙にランキング

小学生用のサッカー・トレーニングシューズでプーマを選んだ3つの理由

長男のサッカーの試合が迫っている。

ランバードのシューズがおすすめだと以前書いたものの、当時はスパイクで探しており、トレーニングシューズを今回買いなおさないといけなくなっていた。

実は、小学校一年生となり入部の際に「スパイクを用意してほしい」とクラブから紙に書かれてあったにも関わらず、スパイクが土の運動場では禁止・低学年は禁止とのことで夫婦でえらく困惑。。

改めてトレーニングシューズのベストとは?の観点で選びなおすことになった。

ちなみに、個人的な経験から私が信頼してるブランドは以下の3つ。

  • アシックス(丈夫で日本人の足型に合う)
  • ランバード(軽量で日本時の足型に合う)
  • プーマ(サッカー少年と言えばこれ)

一般的にはここに「アディダス」「ナイキ」「アンブロ」「ニューバランス」あたりが加わるが、できれば幼児の頃から履き心地を確かめてきたブランドの方が安心だ。

よって、第一候補を上記の3ブランドから考えた。


選ぶ基準の3つのポイント

これはプロも世のサッカー父ちゃんも多くブログで書いていることだけども、ジュニアのサッカーシューズ選びで大切に考えるべきことは以下の3つ。

  1. 足のサイズに正しく合わせる(サッカー用ソックスを履く前提で)
  2. 素材は合皮(人工皮革)の方が手入れも経済的にも◎
  3. ソールは樹脂製よりもゴム製の方が足への負担が少ない

この考え方に基づいて、先のブランドの中から選ぶとこうなる。

[アシックス] サッカーシューズ JUNIOLE 4 TF メンズ

アシックス サッカー トレーニングシューズ ジュニア ベルクロ JUNIOLE 4 TF ジュニオーレ TST669-4501 asics

[ミズノ] サッカーシューズ モナルシーダ NEO SELECT Jr AS(現行モデル)

[プーマ] サッカースパイク クラシコ C II TT V JR キッズ・ジュニア

「ベルクロ(ストラップ)式」と「レースアップ(紐)式」が混在しているが、子どもが紐を結べるかどうか(小学校入学の段階で)で決めればいいと思う。

結局、いつかはきちんと自分で結べるようにしなくてはいけないのだが、急遽購入しなければならない場合は、 それに合わせて紐が結べるようになるのを期待しても親にストレスがかかるだけだからだ。

うちの長男はまだ紐を上手く結べないことがわかったので、今回はベルクロタイプのプーマを選ぶことにした。

この中で一番経済的にもやさしかったということもある。


おすすめの買い方について

ちなみに、買い方についてもポイントを3つ紹介したい。

  1. 最初にメーカーHPのアウトレットセールをチェックする
  2. ポイント還元率を含めた最安値を見る
  3. クーポンが発行されていないかを確認する

1.メーカーHPのアウトレットセールをチェックする

大手通販サイトよりもメーカー直販サイトの方が時期によっては安い場合がある。
メーカーから直接買えるなら、それが一番安心だ。

最初にチェックしておこう。

2.ポイント還元率を含めた最安値を見る

大手通販サイトで買う場合はポイント還元率も考慮してどこで買うかを決めたい。

・ポイント還元率を含めた実質の最安値はどこか?
・送料も含めた最終価格はどこが最安値になるか?

意外にも価格は安いが送料で稼いでいる通販サイトは少なくない。
賢く見極めよう。

3.クーポンが発行されていないかを確認する

その商品に適用できる「今だけお買い得になるクーポン」は発行されていないだろうか?

事前にお気に入りのメーカーやサイトがあればメルマガ会員になっておいたり、海外で有名なテクニックとしては、ブログやTwitter検索で『商品名または通販サイト名 クーポン』をキーワード検索してみるといい。

時期によっては、数十パーセントオフになるプレミアムクーポンコードを発見できるかもしれない。

あまり大きな声では言えないが、、💦

ただ、私の経験ではなんだかんだ言ってもAmazonは強すぎで、全部ひっくるめて考えても他サイトと比べて最安値となるケースも多く、結局自分の時間をもったいないと考えるならAmazonでポチる方が賢い場合も多い。

ちなみに、Amazonでは時期によって最安値が変わる。
需要の多い時には高くなり、閑散期には値段が下がる。

そんな仕組みに翻弄されず、「うん、この価格になったら納得だ!」と思える価格を知る方法(知らせてくれる方法)がある。

詳しくは姉妹サイトのこの記事をチェックしてもらいたい。

子どものサッカーは見ていて楽しい。
一緒に上手くなりたい。